色濃く香り豊かな秋バラを楽しむ 生田緑地ばら苑 秋の一般公開開始

「東洋一のばら苑」と称された”秘密の花園“ 新型コロナウイルスの影響で春の開苑が中止となった「生田緑地ばら苑」 秋の開苑決定! 

2020年10月15日(木)~11月8日(日)
平日 10:00~16:00 土日 9:00~16:00(最終入苑 15:30)
http://www.ikuta-rose.jp/

川崎市多摩区にある「生田緑地ばら苑」は、10月15日(水)~11月8日(日)の間、秋の一般公開を行います。
 

生田緑地ばら苑は、毎年春と秋の年2回開苑し、ばら苑では珍しく入苑無料で開放しています。秋には625種2,916株(2018年)のバラが咲き誇り、開苑当初「東洋一のばら苑」と称されただけに、毎年リピーターも多く、昨年(2019年)の来場者数は、春と秋合わせて80,856人を誇りました。
今もなお、多くのバラ好きに愛される”秘密の花園”です。

今年の春は、開苑に向けボランティアの方々が冬から準備を進めていましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により悔しくも開苑中止となってしまいました。毎年開苑を楽しみにしていた方々からは残念といった声が多く聞かれると共に、ボランティアの方も丹精込めて栽培したバラの開花を見届けられず非常に悔しい思いをしました。
今年の秋こそは綺麗なバラを楽しんでほしいと、現在ボランティアの方が一丸となり開苑準備に取り掛かり、
この度ついに、待望の秋の開苑が決定しました。


今回は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年実施していたボランティアによるガイドツアーや、ミニコンサート、専門家によるバラの育成講習会等のイベントは中止し、入口で検温等などの対策を徹底し開苑します。

秋のバラは、春のゴージャスさと違い、色が濃く豊かな香りを楽しむことができます。
是非、秋の行楽シーズンは生田緑地ばら苑に足を運んでみてください。

生田緑地ばら苑
生田緑地ばら苑は、多摩丘陵の樹木林に囲まれた360度のパノラマと緑の中にある「秘密の花園」として親しまれています。1958年に小田急線開業30周年記念事業として遊園地内に開苑し、当時は「東洋一のばら苑」と称されました。2002年の向ヶ丘遊園の閉園に伴い、ばら苑の存続を求める多くの市民の声に応え、川崎市が引継ぎ、現在では150人以上のボランティアの方々が中心となり運営を行っています。
 
  • 実施概要
開催日程  :10月15日(木)~11月8日(日)
時間    :平日 10:00~16:00 土日 9:00~16:00(最終入苑 15:30)
住所TEL   :川崎市多摩区長尾2丁目8番1号
交通アクセス:(徒歩)小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から徒歩20分、JR南武線「宿河原駅」から徒歩23分
       (バス)小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から川崎市市営バス、
           東急バス「藤子・F・不二雄ミュージアム」バス停下車
           東急田園都市線「梶が谷駅」から東急バス「藤子・F・不二雄ミュージアム」バス停下車
入苑料    :無料(バラの育成、管理向上のため「ばら苑募金」の受付を行います)
公式サイト   :http://www.ikuta-rose.jp/
問い合わせ  :044-978-5270


【新型コロナウイルス感染拡大防止対策】
・入口での検温の実施(体温が37.5 度以上の場合は入苑はご遠慮ください)
・入苑者カードへの名前・電話番号の記入
・各種イベント(ガイドツアー・ミニコンサート・バラの育成講習会)等の中止
・苑内での食事の禁止
 
  • ばら苑ボランティアの方から秋の開苑に向けたメッセージ
生田緑地ばら苑は、首都圏のばら苑では珍しく、ほとんどボランティアの方の手によって運営されています。現在、150人以上のボランティアの方々が、年間を通じて除草とバラの手入れを行い、例年は開苑中に受付や苑内ガイドも務めています。今回の秋の開苑に向け、真夏の暑い時期から作業を重ね、秋こそは是非多くの方に綺麗なバラを見てもらいたいと丹精込めて準備を進めてきました。

【ボランティアの方のコメント】

春の開苑目指して冬の作業を行ってまいりましたが、結果、春のバラを見ていただくことができず、大変残念でした。6月から、ようやくボランティア活動が復活して、バラの手入れを続けてきました。10月中旬以降にバラが一斉に開花するように(夏)秋剪定を始めました。なんとか秋は開苑できるようにと、ボランティア全員が精を出して作業しています。
バラは私達の心を癒やしてくれます。先行きが見通せない今だからこそ、香り豊かな秋バラにふれ、元気に、笑顔になっていただきたいです。ぜひ秋バラを鑑賞しに、ご来苑ください。
 
  • 生田緑地ばら苑に行くにはシェアサイクルが便利!
川崎市では、登戸駅・向ヶ丘遊園駅周辺において、22か所のサイクルポートを設置し、「川崎市シェアサイクル実証実験」を行っております。借りた自転車はどのサイクルポートでも返却可能となっており、おでかけ、買い物に便利です。
生田緑地ばら苑は、最寄り駅の向ヶ丘遊園駅から徒歩で20分かかるため、シェアサイクルを借りて自転車で行くのもおすすめです。
 

シェアサイクルのご利用は、スマートフォン等で「HELLO CYCLING」のアプリをダウンロードし、会員登録を行ってから利用できます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 川崎市 多摩区 >
  3. 色濃く香り豊かな秋バラを楽しむ 生田緑地ばら苑 秋の一般公開開始