現代アートとアンティークロレックスのペアリングエキシビジョン 「between the arts展 case#02」開催  2020年12月12日(土)よりシンワアートミュージアム at 銀座

アートアセットマネジメントサービス「between the arts」を運営する株式会社between the arts(東京都渋谷区/代表取締役 大城 崇聡)は、アンティークウォッチやアンティークコインなどの販売事業を展開するArt Bridge(東京都千代田区/代表 山村 典司)とコラボし、アートコレクターによるアートコレクションの展示とアンティークロレックスの展示販売を行う「between the arts展 case#02」を2020年12月12日(土)より、東京都・銀座のシンワアートミュージアムにて開催いたしますのでお知らせします。

between the arts展 とは
「between the arts(以下、当サービス)」は、アートコレクターが所有するアートコレクションを無料でクラウドに整理でき、自宅に保管できないアートコレクションは、万全のセキュリティで温度湿度が徹底された環境に、1作品あたり500円〜/月で管理することができます。さらに自身が所有するアートコレクションをレンタルできるなど、所有するだけでないアートの新たな資産活用を提案する日本初のアートアセットマネジメントサービスです。
 「between the arts展」は、当社が管理するアート作品の中からピックアップし、展示する企画展です。第一弾の「between the arts展 case#01」では、全会期日数入場予約が埋まるなど多くの方にご来場いただきました。

「between the arts展 case#02」では、希少なアンティークロレックスの販売も
第二弾の「between the arts展 case#02」では、現代アートとアンティークロレックスのペアリングをお楽しみいただけるエキシビジョンです。
ロレックスは、全体的に流通量が少なく経年変化によって価値が上がり、さらに個体差により価値が変わる、まさにアートと呼ぶことができます。この度のエキシビジョンでは、現代アートの展示にあわせ、Art Bridgeが得意とするアンティークロレックスを展示することで、両者のペアリングによる新しいアートの楽しみ方を体験していただくことができます。さらに、展示されているアンティークロレックスは購入することができます。

--- between the arts展 case #02 ---
会期:2020年12月12日(土)〜12月20日(日) 
場所:Shinwa Auction株式会社 シンワアートミュージアム
東京都中央区銀座7丁目4 -12 銀座メディカルビルB1F
開館時間:10:00〜18:00
主催:between the arts, Inc
時計協力:Art Bridge
デザイン監修:FIRSTORDER
会場協力:SHINWA WISE HOLDINGS

Art Bridge概要
店名:Art Bridge
代表:山村 典司
店舗所在地:〒101-0047 東京都千代田区内神田3-8-9 根本ビル1階
事業内容:アンティークウォッチ・アンティークコイン・時計修理・電池交換・買取・委託
ホームページ:https://art-bridge-10.com/
Instagram:https://www.instagram.com/artbridge.ab/

between the arts概要
社名:株式会社between the arts
創業:2020年1月14日
資本金:4000万円(資本準備金含む)
代表取締役:大城 崇聡
本社所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目10番15号
事業内容:アートアセットマネジメント事業
ホームページ:https://bwta.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/between_the_arts/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社between the arts >
  3. 現代アートとアンティークロレックスのペアリングエキシビジョン 「between the arts展 case#02」開催  2020年12月12日(土)よりシンワアートミュージアム at 銀座