初公開の資料を多数展示! 終戦75周年記念企画展「描かれた戦争-警察官が見た戦中戦後の愛知-」を開催!

期間:令和2年12月5日(土)~令和3年1月11日(月・祝) 安城市歴史博物館で戦中戦後を伝える貴重な資料を展示

 安城市歴史博物館では、令和2年12月5日(土)から、令和3年1月11日(月・祝)にかけて、終戦75周年記念企画展「描かれた戦争-警察官が見た戦中戦後の愛知-」を開催いたします。
 展示では、安城市出身で、戦時中から終戦直後まで警察官を勤めていた桜井純(あつし)氏が、後年にその当時や子供の頃を回想し、B5版の画用紙に色鉛筆で描き残した1,700点におよぶ絵の中から、警察官の任務中に目の当たりにした、戦時中の様子や戦後混乱期を描いた作品約200点を展示いたします。
 様々な経験を通して描かれた桜井氏の回想画は、戦時下の人々の暮らしぶりや、警察官による治安維持活動や空襲時の救助活動の様子、そして進駐軍上陸や闇市の横行といった、戦後の混乱を今に伝える貴重な資料です。
詳細は下記のとおりです。
■展覧会名:終戦75周年記念企画展「描かれた戦争-警察官が見て戦中戦後の愛知-」



■会 期:令和2年12月5日(土)
     ~令和3年1月11日(月・祝)

■休館日:月曜日、
     12/28(月)~1/4(月)
     ※1月11日は開館
     9:00~17:00(入館は16:30まで)

■観覧料:無料

■関連講座:
歴博講座
令和2年12月12日(土)14:00~
「戦中・戦後の安城の様相」
講師:三島一信(本館学芸員)
定員:30名 参加費:無料

関連イベント①
令和2年12月5日(土)10:00~
「戦時下のレシピを再現」
講師:杉浦ひろ子氏(安城エプロン会)
定員:10名 参加費:500円

関連イベント②
令和3年1月11日(月・祝)①10:00~ ②14:00~
上映会「この世界の片隅に」
定員:各30名 参加費:無料


【桜井純氏と回想画について】
昭和2年、安城市上条町の浄玄寺住職の二男として生まれる。昭和20年3月に愛知県警察の巡査になり、研修後、警察部警備隊に配属。警備隊では戦時下の治安維持を担当し、熱田空襲や岡崎空襲で避難者の誘導や負傷者の救出・救護活動の任務にあたる。戦後は進駐軍の警備を担当した。
昭和23年、復員後に体調を崩した兄が亡くなると警察を退職し、32年に浄玄寺第13代住職となる。後年、戦時中を回想した戦争体験を描き、地元小学校で子どもたちに自らの体験を語る。平成28年に満89歳で亡くなる。1,700点に及ぶ回想画はファイル35冊に収められており、平成30年に遺族により、安城市歴史博物館に寄贈された。

【展示される回想画の一部】

銃後の生活:「寺の梵鐘も供出さる」銃後の生活:「寺の梵鐘も供出さる」

学童疎開:「学童疎開 廃物利用の大浴場」学童疎開:「学童疎開 廃物利用の大浴場」

名古屋空襲:「名古屋城遂に陥落す」名古屋空襲:「名古屋城遂に陥落す」

 

クスの大木は生きていたクスの大木は生きていた

名古屋空襲:「女子挺身隊の重傷者をはこぶ」名古屋空襲:「女子挺身隊の重傷者をはこぶ」

進駐軍とカルチャーショック 「内務省が占領軍用の慰安施設の 設置を各府県に指示す」進駐軍とカルチャーショック 「内務省が占領軍用の慰安施設の 設置を各府県に指示す」

 

 

■問合せ
安城市歴史博物館 指定管理者
安祥文化のさと地域運営共同体
担当:井上、小野
TEL:0566-77-6655
FAX:0566-77-6600
住 所:〒446-0026
          愛知県安城市安城町城堀30番地
E-mail:mailto@ansyobunka.jp
HPアドレス:https://ansyobunka.jp/

※「安祥文化のさと地域運営共同体」とは、2つの構成企業からなる団体で、株式会社西三河エリアワンが代表企業となっております。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社西三河エリアワン >
  3. 初公開の資料を多数展示! 終戦75周年記念企画展「描かれた戦争-警察官が見た戦中戦後の愛知-」を開催!