タレント育成をDX化しバーチャルエンタメ市場を開拓する「株式会社ファンスター」株式投資型クラウドファンディングにて目標達成

~未来のスターは「バーチャル」から生まれる!~


日本の誇る文化である「アニメ・ゲーム・アイドル」等で活用できる「バーチャルキャラクター」をVR技術などを活用しながら開発し、アニメ・キャラクター市場への参入ハードルを下げる試みを研究開発する株式会社ファンスター(東京都渋谷区 代表取締役:神田 卓也)は株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2020年7月21日(火)より募集をスタートし、開始5分にて、目標を達成いたしました。

 

※募集期間は、2020年7月21日~2020年7月23日、上限とする募集額は 40,050,000円(1口 9万、1人 5口まで)となります。

【当社プロジェクトページ】
https://fundinno.com/projects/149

当社プロジェクトとクラウドファンディング実施目的について

VR技術の革新、DX化コストの低下を活用し、日本のアニメ・ゲームを中心とした「POPカルチャー」を世界に発信する

株式会社ファンスターは、バーチャルタレント「Liver」の育成・支援や、バーチャルキャラクターの作成も行ってきており、5年間で延べ1000人以上のタレントを独自のタレント育成プログラム「FANSTAR Method」により排出してきました。この「FANSTAR Method」を、イラストレーターと声優に組み合わせることにより、「バーチャルタレント」の発掘や、育成〜運用に応用展開しています。この度、バーチャルタレントの成長過程をファンに見せることにより、応援されやすくするためのスマートフォンアプリの開発と、SNSとの連動による展開を目指し、2020年7月13日より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始いたします。弊社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げます。募集期間は2020年7月21日~2020年7月23日、上限とする募集額は 40,050,000円(1口 9万、1人 5口まで)です。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ファンスター >
  3. タレント育成をDX化しバーチャルエンタメ市場を開拓する「株式会社ファンスター」株式投資型クラウドファンディングにて目標達成