廃棄されていたパイナップルの葉を再利用した新素材のバッグを販売

〜全ての⼈の⽇常がエコロジックへと向かうことにつながるモノづくり〜


株式会社ensemble.(札幌市中央区所在)は札幌で新たにエシカルブランド「a.eco」(エーエコ)をスタートすることを発表し公開致します。
同社の取締役である岡⽥泰徳(おかだやすのり)⽒がデザイナーとして新たなブランドの代表を務め、近年関⼼の⾼まっている「環境問題」と「持続可能な活動」としてファッション業界に新たな挑戦をします。

■廃棄物から作られたピニャテックスを使⽤

「a.eco」の発⾜はデザイナー岡⽥が今まで活動を続けてきた⾰製品のデザインをする中で出会った「ヴィーガンレザー」と呼ばれる存在の素材があります。

 

 

 


今回ファーストデザインに選んだものが「ピニャテックス」という⽣地でこれまで廃棄されてきたパイナップルの葉で作られた繊維です。

普段あまり意識することなく使われる⾰製品。実は⾰産業だけでも⽪⾰製品のために殺傷される動物の数は、全世界で年間10億頭を超えるともいわれ(参照元:PETA)それと同時に⾰を染める時に特殊な化学薬品を多⽤している為、環境汚染にも影響を及ぼしている現状がありました。

【今回クラウドファンディングのリターンに用意しているバッグ】



■だからこそ、私たちが出来ることは何か?

ピニャテックスはじめビーガンレザーは世界的に見てもその需要は右肩上がり・・・ですが、コスト面と素材の生産量に限りがあるので商品が高額になっている現状があります。「より手軽で身近に」今回のブランド発足の課題でした。

企画と流通をシンプルにすることにより、国内生産においてコストダウンと品質アップに成功しました。
これにより、国内で50年以上の歴史があるハンドバッグの縫製工場と提携しCOVID-19で影響を受け生産量が下がっていた業界に、今後良い影響が起こせると確信しています。
 



新しい挑戦を共有します

スタートアップの⼀環でクラウドファンディングにも挑戦することを決定し、2020年9⽉14⽇に国内最⼤級のプラットフォーム「makuake」でのスタートが決まりました。合わせてここに発表します。
https://www.makuake.com/project/aeco/

未来のために
地球環境へ配慮した素材を使⽤しサスティナブルデザインの活動を世に広め、スタンダードに。
私たちの活動は未来の⼦供達の笑顔へ繋がっている事を確信しています。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ensemble. >
  3. 廃棄されていたパイナップルの葉を再利用した新素材のバッグを販売