5050WORKSHOPより、ハンディライトにもランタンにもなるLEDライト「MINIMALight」新登場!!

災害時にも便利なハンディライトとランタンが一体となったミニマムなLEDライト

株式会社 TRYL(本社:東京都町田市)は、コロナで需要が高まるキャンプシーンで大活躍する人気アウトドアブランド「5050WORKSHOP」より、モバイルバッテリー機能搭載でハンディライトとランタンが一体化となったミニマムなLEDライト「MINIMALight(ミニマライト)」を ¥2,860で2021 年 2月中旬より発売いたします。
株式会社TRYL(本社:東京都町田市)は、コロナで需要が高まるキャンプシーンで大活躍する人気アウトドアブランド「5050WORKSHOP」より、モバイルバッテリー機能搭載でハンディライトとランタンが一体化となったミニマムなLEDライト「MINIMALight(ミニマライト)」を ¥2,860で2021 年 2月中旬より発売いたします。


【URL】
https://trylplus.com/?pid=157390507

MINIMALightの3つの特徴
1.ハンディライトは照射範囲調整可、最大100m先まで
2.光の強さを2段階で調整できる上、色温度も選択可能
3.いざという時はモバイルバッテリーとしても使用可能

 

 

 


MINIMALight(ミニマライト)の使い方・利用シーン
シチュエーションに合わせてハンディライトとしても、ランタンとしても使えるLEDライトです。
ハンディライトは照射範囲をズームにして調整することで広範囲を照らしたり、最長100m先も照らすことができます。
重量がたったの107gなので市販のネックストラップなどをセットすれば、首からかけて居場所を知らせる灯りとなり、夜間や早朝のペットとのお散歩時にも大活躍します。

キャンプシーンや災害時には、置いて使ったり吊り下げても使うこともでき、広範囲を照らすことができます。

またランタンは、2つの色温度(温白色/電球色)でそれぞれ2段階(強/弱)があり、ハンディライトと合わせると合計6種類の発光パターンがあります。

さらに、いざという時に、モバイルバッテリーとして携帯端末の充電をすることが可能です。
USBケーブル接続部などにシリコンキャップが付いているので、急な雨などでも安心の防塵防水機能も備えています。(等級AP44)

【MINIMALight 製品概要】
価格:¥2,860(税込)
販売先URL:https://trylplus.com/?pid=157390507
販売店:全国のアウトドアSHOPなど


ブランドコンセプト:5050WORKSHOP(フィフティフィフティワークショップ)
海・山などアウトドアはもちろん、普段使いでも活躍する気の利いたアイテムをお届けする 5050WORKSHOP。あらゆるフィールドで あなたのライフスタイルを豊かにするアイディアを提供するブランドです。


株式会社TRYL(トライル)について
株式会社TRYLは、グローバルな視点で未来に先駆け、今までにない新しいコトに挑戦し
常に進化し続ける企業を目指しています。

【会社概要】
会社名:株式会社TRYL(トライル)
所在地:東京都町田市つくし野1-28-6
代表者:福原正之
設立:2000年7月7日
URL:https://trylplus.com
事業内容:
アウトドア用品・玩具の卸売、Jリーグ・プロ野球・その他グッズ企画生産および販売
 
【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社TRYL(トライル)
TEL:042-706-1355
e-mail:info@trylplus.com

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社TRYL、商品部、倉田直弥
TEL:042-706-1355
e-mail:info@trylplus.com

  1. プレスリリース >
  2. TRYL >
  3. 5050WORKSHOPより、ハンディライトにもランタンにもなるLEDライト「MINIMALight」新登場!!