植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発するHarvestX株式会社が「HarvestX Lab」を設立

 

植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発するHarvestX株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社⻑:市川友貴、以下「HarvestX」)は、アントレプレナーラボ(東京大学 本郷キャンパス内)にイチゴの完全自動栽培ロボットシステムの研究開発施設, HarvestX Labを設立しました。

 

概念実証から導入前検証へ、製品化へ加速。 

これまでHarvestXは簡易的な栽培設備やイチゴ農園の協力の元、授粉及び収穫の検証を行なって参りました。 既に、授粉や収穫といった要素技術の概念実証は完了しており、今後、ロボットシステムの検証・評価項目の追加、試験サイクルを加速するため、一年を通じて試験が可能な専用の研究開発施設を設立しました。 
植物工場事業会社様と同等の栽培設備を使用することで、開発環境と運用環境の差分を減らし、製品の機能や品質向上を目指して参ります。2021年夏頃には、植物工場に特化した機能拡充に向けて新たなロボットを発表予定です。

この度のHarvestX Lab設立により、製品開発及び検証を加速していくために、検出や制御システムを担う人材も積極的に採用を進めていく方針です。採用については下記のリンク先をご確認ください。
https://harvestx.jp/recruit

 


また、東大関連ベンチャーの支援を行なう東大IPCが主催する、ビジネスマン&学生向け無料オンラインセミナー「DEEP TECH DIVE LIVE! #2」にて代表の市川が登壇いたします。「ロボット×AIで、ヒトの労働環境改善に挑む!」のテーマにて、ロボット×AI領域で展開するスタートアップ3社のうちの1社として、各社のコア技術、業界の展望、一緒に仕事をしたい人物像や募集中のポジションなどについて語る予定です。

開催日時:
2021年6月24日(木)19:30~21:00

登壇者:
HarvestX株式会社 CEO 市川 友貴氏
TELEXISTENCE inc. 代表取締役CEO 富岡 仁氏
コネクテッドロボティクス株式会社 取締役COO 佐藤 泰樹氏 (順不同)

参加方法:
オンライン(無料)
以下peatixよりお申込みください。
https://utokyo-ipc-divelive2.peatix.com/?fbclid=IwAR0eGe0KfQ7E8hq9mOOFPZ0Gu0bU4HPYVon0MNlgSRwr6JPQGMRmNKN1Vpg

HarvestX株式会社について 
「ロボットによる完全自動栽培で農業人材不足・食料の安定生産に貢献する。」をミッションに掲げ、未踏やロボコン出身者などが集まり、2020年8月に設立された会社です。

食料問題や農業従事者の不足、また昨今のコロナウィルスによる食の衛生・安全面に対する関心の高まりとともに以前にも増して注目が集まる植物工場市場。レタスなどの葉物類の植物工場が展開を広げる一方で、果物類は、ミツバチを媒介とした虫媒受粉に多くを依存しており、ストレスによる受粉の不安定さ、飼育管理のコストや死骸の腐敗による工場内の衛生状態の悪化が課題となっています。HarvestXは、ミツバチに代わる手段として、主にロボットを活用した授粉技術の開発に取り組み、現在はイチゴを対象に授粉から収穫までの栽培の完全自動化を目指しています。

- 会社名 HarvestX 株式会社 (HarvestX Inc.)
- 代表者 市川友貴
- 所在地 東京都文京区本郷7丁目3-1 東京大学南研究棟アントレプレナーラボ 355
- 事業内容 農業機器の開発・販売
- 設立年月日 2020年8月
- URL https://harvestx.jp 
  1. プレスリリース >
  2. HarvestX株式会社 >
  3. 植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発するHarvestX株式会社が「HarvestX Lab」を設立