コロナ禍、巣ごもりニーズで2.5倍の出荷 アスリート向け“リカバリーサンダル”「室内履き」として人気高まる

おうち時間の快適さ求め、肩こりや腰痛・コロナ太り対策として

多くのトップアスリートから支持されているインソール(中敷き)の世界的トップブランド「SIDAS」などを扱うシダスジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:杉山浩章)が発売したリカバリーサンダル※『3Dサンダル』がコロナ禍の巣ごもりアイテムとしても人気で、主力モデルの「ランページ」の発売開始からの累計出荷足数が昨年対比2.5倍で推移しています。「室内履き」需要を受け、今までは春夏スポット商品だった3Dサンダルを、通年商品とすることを検討しています。
※スポーツ後の足の疲労回復をサポートする目的で開発された機能性サンダルのこと

 

【グラフ】
3Dサンダルの主力モデル「ランページ」出荷比較
※2020年は3月入庫だったため、3月から出荷を開始


 

■コロナ禍で、新たな層を獲得

2020年4月の緊急事態宣言発令による店舗休業は、スポーツ専門店や量販店での販売が主だったシダスにとって大きな痛手でした。EC強化が喫緊の課題となり、店舗以外のタッチポイントを増やすため自社SNSでの積極的な発信や、急遽WEB上でプレゼントキャンペーンなどを実施しました。

慣れないテレワークによる腰痛などの対策で姿勢改善がメディアで話題になることが多かったことから、4月末から店舗の販促費予算を同訴求にてSNS広告に振り替えたところ、Amazonや自社サイトで販売を伸ばし、一部サイズで在庫切れとなるなど、「室内履き」ニーズの高さを実感しました。
今まではスポーツ専門店や量販店がタッチポイントで、必然的にアスリートや日常的に運動する方がメインユーザーでしたが、コロナ禍でデジタルタッチポイントを増やしたことでそれ以外の新しいユーザーにリーチすることができました。

■おうち時間を快適にする「室内履き」人気の兆し

アスリートの足の疲労回復をサポートする目的で開発された機能性サンダルである「3Dサンダル」は、近年は履いても疲れにくいので街での普段履き、オフィス履きとしても支持を得ていましたが、コロナ禍で自宅生活を快適にするための「室内履き」としても利用シーンを広げています。

災害時の避難の際の足元を守る「フェーズフリー」アイテムとしての要素も兼ねることが購入の後押しとなったという声も聞かれました。

テレワークでの腰痛や肩こり対策、姿勢改善やコロナ太り解消目的のために使用した方からの口コミなど広がり、3Dサンダルの主力モデルである「ランページ」は今年すでに昨対2.5倍の出荷数となっています。

3Dサンダルは春夏スポット商品として、4月~7月に店頭販売されていましたが、「室内履き」需要を受け、ECを中心に通年で扱いを検討しています。


■アスリートのために開発されたシダスのリカバリーサンダル「3Dサンダル」
 


【開発の背景】

シダスのメイン商材であるインソールは独自の立体形状が身体のバランスを整え、パフォーマンスをサポートするアイテムとして有効ですが、シューズの中に入れるインソールはシューズがないと成り立たちません。常に身体を気にするアスリートから、「試合後や移動用に、シダスインソールの機能性を持ったサンダルが欲しい」という要望を受け、リカバリーやコンディションアップを目的とした“履くインソール” として、3Dサンダルの発売を2013年から開始いたしました。

【商品特徴】

かかとを安定させ、足にかかる圧力を分散させるため、ソール部分はこだわりの硬さの異なる4層構造にしています。シダスインソールと同じ独自の立体形状インソールが足元から崩れた体軸バランスを整えます。また、足裏から筋肉や足のめぐり感にも作用することでリカバリーを促進します。スポーツ前後だけでなく普段の生活に取り入れることで、姿勢や体のバランスをキープするのを助け、足をすっきり軽くするのにも役に立つ商品です。


■商品概要

商品名:3Dサンダル ランページ
価格:7,480円 (税込)
カラー:6種
サイズ:7サイズ(22.0~28.0cm) ※ブラックのみ29.0cm有
素材:ポリウレタン、レザー、メッシュライナー

■販売店

【店舗】
池袋西武本店
石井スポーツ マロニエゲート銀座店/リンクス梅田店/仙台店/大宮店/新潟店


【EC】
シダス公式オンラインショップ https://sidas.co.jp/3dsandals-lp
アマゾン https://amzn.to/3ywdhWr
ヨドバシ・ドットコム https://www.yodobashi.com/store/135033/

■シダス3Dサンダルコンセプトムービー
 

 

■シダスジャパン代表 杉山コメント

シダスのリカバリーサンダル「3Dサンダル」は、2013年の販売開始以降改良を重ね、2019年モデルから現在のフットベッド(4層構造のインソール)の形状にたどり着きました。当初、アスリートやスポーツユーザー向けとしてのテイストが強かった本ラインアップですが、カラダのケアにおいてシーンを選ぶ必要はないと感じ、日常生活にも取り入れられるデザインやカラーリングへと進化させました。

そして、コロナ禍のステイホームで、外履きから「室内履き」という新たな役割ができました。住宅事情が変わり、フローリングが増えた日本において、日中の活動時の足元アイテムは重要です。これからも多くの方々のパフォーマンスを足元から支える存在として、商品づくりに努めていきたいと思います。


■インソールブランド「SIDAS(シダス)」とは
 


SIDASは、世界45か国以上で販売されているグローバルブランドで、インソールを主軸にシューズ、ソックス、サンダル、フットケアパーツまで幅広い商品を展開しています。1975年フランスでスキー競技者の足のサポートから始まり、世界で初めて熱成型によるインソールを開発しました。スポーツ分野での実績と医療のバックボーンを活かし、快適さとパフォーマンス、トラブル予防を実現する足回りのプロダクトを研究し続けています。

日本では1982年から販売を開始、インソール累計販売数は302万枚を超え、年間で150名以上のトップアスリートをサポートしています。インソールはフルカスタムから汎用品まで、全5タイプ43種類(2021年春現在)、用途や目的別に選ぶことができます。2021年からは『足から、動きが変わる。』をコンセプトに、スポーツ分野のみならず、日常生活でも最高のパフォーマンスを実現したい方に向けて、インソールを使う毎日を提案していきます。

 


 ■シダスジャパン株式会社について

1980年代の商社時代からシダスワールドに携わっていた現代表が2009年に設立した日本支社。インソールブランド「シダス」をメインに、医療向けに開発されたインソールブランド「ポディアテック」、先進の技術で寒暖から体を守る温度コントロールブランド「サーミック」を展開しています。30年以上に渡ってスポーツ分野をサポートしてきた経験と蓄積されたデータをもとに、現在では本国フランスの商品開発にも参画、日本人に合った商品づくりを行っています。


会 社 名:シダスジャパン株式会社
代表取締役社長:杉山浩章
設立:2009年6月
資本金:3,000万円
所在地:神奈川県横浜市中区不老町2-9-1関内ワイズビル7F
事業内容:スポーツ用品、スポーツ機器、ソックス、靴並びにそれらに関連する物品の輸出入、販売
U R L:https://sidasjapan.jp

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シダスジャパン株式会社 >
  3. コロナ禍、巣ごもりニーズで2.5倍の出荷 アスリート向け“リカバリーサンダル”「室内履き」として人気高まる