県内ホテル事業者における外国人材活用の取り組みについて

 

 琉球銀行(頭取 川上 康)は、海外日本語学校等と連携し、県内ホテル事業者の外国人材活用支援に取り組んでおります。
 この度、本取り組みにより、特定技能の在留資格※1による外国人材(以下、「特定技能外国人」)が、県内ホテル事業者へ入社したことをお知らせいたします。
 特定技能外国人は、フロント、企画・広報、接客およびレストランサービス等の宿泊サービスの提供に係る専門性・技能を習得しており、即戦力としての活躍が期待されています。
 特定技能外国人の受け入れは、今後、新型コロナウイルス感染症が収束し沖縄への観光需要が回復したときに備えた取り組みとして有効と考えられます。
 琉球銀行は、今回の特定技能外国人の受け入れを契機に、県内ホテル事業者のアフターコロナを見据えた取り組みの支援をより一層強化いたします。

※1 特定技能の在留資格は、2019年4月1日(月)から施行された新たな在留資格であり、宿泊分野は特定技能の対象分野の1つとされています。

          記

概要
 琉球銀行は、ミャンマーで日本語学校を運営する株式会社ジェイサット(代表取締役 西垣 充)、株式会社人材派遣センターオキナワ(代表取締役社長 當山 司)と連携し、株式会社カヌチャベイリゾート(代表取締役社長 白石 武博)へ特定技能外国人2名を紹介いたしました。

関係者
(1)株式会社ジェイサット:特定技能外国人の育成および紹介
(2)株式会社カヌチャベイリゾート:特定技能外国人の受け入れ企業
(3)株式会社人材派遣センターオキナワ:株式会社ジェイサットとの沖縄側の対応窓口
(4)琉球銀行:関係者の取りまとめ

特定技能外国人の受け入れ内容
(1)勤務地:株式会社カヌチャベイリゾート
(2)受け入れ人数:2名
(3)勤務開始:2020年12月4日(金)

            以上

(お問い合わせ)法人事業部 担当:宮里・真栄城 電話:098-860-3817
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 琉球銀行 >
  3. 県内ホテル事業者における外国人材活用の取り組みについて