SentinelOneが新規株式公開の開始を発表

AIを活用した自律的なサイバーセキュリティプラットフォーム企業がニューヨーク証券取引市場でIPO

カリフォルニア州マウンテンビュー - 2021年6月21日–自律型サイバーセキュリティプラットフォーム企業であるSentinelOne、Inc.(センチネルワン )は本日、クラスA普通株式の新規株式公開のロードショーを開始する計画を発表しました。SentinelOneは、フォームS-1で米国証券取引委員会(SEC)に登録届出書を提出し、クラスA普通株式32,000,000株を一般に提供します。さらに、SentinelOneは、引受会社に、クラスA普通株式を最大4,800,000株追加購入する30日間のオプションを付与する予定です。 新規株式公募価格は、1株あたり26.00ドルから29.00ドルの間になると予想されます。SentinelOneは、ニューヨーク証券取引所にティッカーシンボル「S」でクラスA普通株式を上場することを申請しました。


MorganStanleyとGoldmanSachs&Co.LLCは、提案されたオファリングの主幹事を務めるマネージャーおよび引受会社の代表者としての役割を果たします。 BofAセキュリティーズ、バークレイズキャピタルインク、およびウェルズファーゴセキュリティーズは、提案されたオファリングのアクティブなブックランニングマネージャーとして機能します。 UBS Investment Bank、Jefferies LLC、およびDeutsche Bank Securities Inc.は、提案されたオファリングの追加の帳簿管理者として機能します。 Piper Sandler、BTIG、Cowen、Needham&Company、LLC、Loop Capital Markets LLC、Drexel Hamilton、およびR. Seelaus&Co。、LLCは、提案されたオファリングの共同マネージャーとして機能します。

公募で売却された株式に加えて、SentinelOneは、既存の株主の一部が、特定の規制条件に従い、株式公開価格に等しい価格にて、SentinelOneのクラスA普通株式を合計購入価格約50.0百万ドルで購入することに同意したと発表しました。これらの株式の売却は、改正された1933年証券法に基づいて登録されることはありません。
提案されたオファリングは、プロスペクタスによってのみ行われます。プレリミナリープロスペクタスのコピーは、Morgan Stanley&Co。LLC 宛先:Prospectus Department, 180 Varick Street. nd Floor, New York, New York10014またはGoldmanSachs&Co. LLC 宛先:Prospectus Department, 200 West Street, New York, New York 10282、または電話 1-866-471-2526、または電子メールprospectus-ny@ny.email.gs.com から入手できます。

これらの有価証券の売却案に関する登録届出書はSECに提出されていますが、まだ発効していません。登録届出書が発効する前に、これらの証券を売却したり、購入の申し出を受け入れたりすることはできません。このプレスリリースは、州または管轄区域の証券法に基づき、販売の申し出または購入の申し出の勧誘を構成するものではなく、登録または資格取得前にそのような申し出、勧誘、または販売が違法となる州または法域でこれらの証券の販売が行われることもありません。

SentinelOneについて

SentinelOneのサイバーセキュリティソリューションは、単一の自律型XDRプラットフォームにより、AIを活用した予防、検知、対応、およびエンドポイント、コンテナ、クラウドワークロード、IoTデバイス全体の脅威ハンティングが提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SentinelOne Japan株式会社 >
  3. SentinelOneが新規株式公開の開始を発表