高齢者向け新型コロナウイルスワクチン接種を、センター内で2021年7月12日(月)より開始します

場所:聖隷健康診断センター(浜松市中区住吉2-35-8)/聖隷予防検診センター(浜松市北区三方原町3453-1)

社会福祉法人 聖隷福祉事業団(法人本部:静岡県浜松市/理事長:青木善治)が運営する、聖隷健康診断センター(所長:武藤繁貴)と聖隷予防検診センター(所長:森厚嘉)は、センター内で2021年7月12日(月)より、接種券がある方の高齢者向け新型コロナウイルスワクチン接種(浜松市個別接種)を開始します。

 

 

職員への新型コロナウイルスワクチン接種の様子職員への新型コロナウイルスワクチン接種の様子

聖隷健康診断センターおよび聖隷予防検診センターでは、 4月26日(月)より、専用ダイヤルとインターネットによる、接種券がある方の高齢者向け新型コロナウイルスワクチン接種(浜松市個別接種)の予約を行っています。
高齢者向け新型コロナウイルスワクチン接種については、聖隷健康診断センターで1日あたり約70人、聖隷予防検診センターで1日あたり約50人の計120人の接種を行い、2022年2月までに聖隷健康診断センターで約5,000人、聖隷予防検診センターで約2,500人の計7,500人の接種を行う予定です。(5月19日時点計画)
高齢者向け新型コロナウイルスワクチン接種の現在の予約数は、聖隷健康診断センターと聖隷予防検診センターあわせて703人(5月19日時点)となっています。


【参考】
新型コロナウイルスワクチン接種(浜松市個別接種)
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/kenkozoshin/list.html

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 社会福祉法人 聖隷福祉事業団 >
  3. 高齢者向け新型コロナウイルスワクチン接種を、センター内で2021年7月12日(月)より開始します