ネットワーククラウドカメラ「ConeCam Plus」を用いたデータ保存サービスを提供開始

インターネット経由により、いつ・どこでも見える化を実現

NSK
日本ソフトウエア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:矢島 博)は、クラウド上にデータ保存が可能なネットワーククラウドカメラサービス「ConeCam Plus」のご提供を開始しました。お客様の状況に合わせて保存日数を柔軟に選択する事も可能であり、“かんたん” “安心” “きれい”に映像の保存が行えます。さらに、クラウド上に保存されたデータをAI分析可能なサービスを有料オプションサービスとして、「AI映像分析機能」のご提供も予定しております。お客様の課題解決のために、弊社の新サービスのご検討いただければ幸いでございます。
  • ConeCam Plusとは?

“ConeCam Plus”は、クラウド型カメラモニタリング・録画・分析サービスになります。
ネットワーク対応カメラ(端末)を設置し、クラウド上にあるカメラサーバにインターネットを利用して、映像を
保存するサービスです。また、有料オプションサービスとして、今後リリース予定であるAI映像分析機能は、クラウド上に保存された映像データを人流分析支援や接客支援が可能になります。

 

 

  • ConeCam Plusの特長

​●高画質な録画映像
・1秒あたり最大30コマ、HD画質の映像で録画
・店舗・オフィスの様子も、滑らかな映像で確認
 


いつでも・どこでもマルチデバイスでの視聴が可能
・インターネット経由で遠隔からどこでも映像を確認
・動体・音声検知機能を搭載、カメラ周辺の異常も察知可能

クラウド保存による安心運用
・レコーダ不要で録画映像はクラウド上に保存
・レコーダ利用時に起こりうる物理故障・破損などによる録画データ消失リスクを回避

 


プロによる365日サポート
・365日9時~21時の時間帯で専任の担当者が対応
・カメラの初期登録(クラウド側登録)も代行


AI映像分析機能を有料オプションサービスとして利用可能(今後リリース予定)
・撮影した映像を基に施設等の混雑状況の見える化
・集計データをマーケティングに活用
 
  • ConeCam Plusのご利用料金
 

 

↓ 詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.nsk-japan.co.jp/products/conecam-plus
 
  • 今後の展望

本サービスとお客様の販売管理システム、当社が提供しているCRM・ERPとの連携による業務効率化を検討しております。
 
  • 日本ソフトウエア株式会社


日本ソフトウエア株式会社は、『経営と情報』のプロフェッショナルとして経営革新を推進するコンサルタント会社です。経営革新のための方法論を体系化して、高水準の情報システム技術・コンサルティングノウハウと長年にわたる豊富な経験をベースに、革新のデザインからその実現に至るまで、一貫したサービスをご提供して、数多くのクライアント様を真の成功へと導く創造的革新のパートナーです。

ホームページ:https://www.nsk-japan.co.jp/

【お客様からのお問い合わせ先】
ご質問・ご相談・資料請求はメール・フォームをご利用ください。

https://www.nsk-japan.co.jp/form/contact/index.php

日本ソフトウエア株式会社
マーケティングチーム
プレスリリース担当
TEL:03-5833-7631
Email:marketing@nsk-japan.co.jp
 
  1. プレスリリース >
  2. NSK >
  3. ネットワーククラウドカメラ「ConeCam Plus」を用いたデータ保存サービスを提供開始