北欧ノルウェー発、1946年創業【BECKMANN NORWAY】が国内での常設を、Chelsea International青山店(東京都港区)にてスタート!

世界25か国に展開する北欧ノルウェー発バックパックブランド「BECKMANN NORWAY」は、Chelsea International青山店(東京都港区北青山3-12-12 2F)にて、2022年6月30日(木)より常設を開始いたします。


「BECKMANN NORWAY」は北欧ノルウェーにて1946年に創業した、国民的バックパックメーカーで、現在は世界25か国に展開するグローバルブランドです。創業時からの主力商品である子供向けバックパックは、ノルウェーの児童の約8割が使用するほか、2021年にはBECKMANNが培った知見と、都会的な北欧デザインを合わせた新シリーズ「STREET」を世界同年発売するなど、様々な国と地域で人気を集めています。

これまで日本国内では、BECKMANN NORWAYはオンライン中心の販売を行ってきましたが、2022年6月30日(木)のChelsea International青山店での常設を起点に、全国各地でのオフラインチャネルを拡大していきます。

■概要
場所:Chelsea International青山店
住所:東京都港区北青山3-12-12 HOLON-R 2F(東京メトロ銀座線「表参道駅」B2出口より徒歩2分)
URL : https://www.chelsea-aoyama.com/



■BECKMANN NORWAY
 

 

ノルウェーにて1946年に創業したBECKMANN NORWAYは、長年にわたり児童向けバックパックの研究開発、製造を続け、現在では世界25ヵ国にて年間30万個の販売実績を誇ります。日本では、2021年8月と2022年3月にクラウドファンディングにて先行販売を実施。好評を受け、2022年4月より一般販売を開始いたしております。




■カナダやドイツの専門機関も推奨する人間工学デザイン
 

創業以来、75年間にわたる健康に関する研究の結果、
BECKMANN NORWAYのバックパックは
・カナダ カイロプラクティック協会推薦
・ドイツ 小児リウマチ学会推薦
・ドイツ IGR(健康人間工学研究所)イノベーション賞受賞
など各国の機関から数多くの評価、推薦を得ています。





(BECKMANN NORWAYラボでの開発風景)





■北欧スタンダードの環境配慮型、次世代バックパック
 

環境保全分野では世界最先端の地域である北欧ノルウェーの中でも、BECKMANN NORWAYはより積極的に環境保全に取り組んでいます。製品の大部分でPETボトル100%再生素材を使用しているほか、人体への有害性が指摘されている「BPA(ビスフェノールA)」の不使用や、EU基準であるREACH規制を遵守するなど、高い水準を誇っています。





■URBANシリーズ

URBANシリーズは、子どもの身体への負担を軽減するために研究・開発されたBECKMANN NORWAYの代表的なバックパックです。ノルウェーの児童の80%に愛用されているBECKMANN NORWAYならではのこだわりが随所に散りばめられ、北欧にとどまらずヨーロッパ各地でも深く愛されています。


■STREETシリーズ

STREETシリーズは、BECKMANN NORWAY創業75周年を迎えた2021年に、世界同年発売をした新しいフラッグシップモデルです。人間工学による身体に優しい技術とシンプルモダンな北欧デザインの両立は、多くの国と地域で人気を集めています。


【公式webサイト】
https://beckmann.jp/

【公式Instagram】
https://www.instagram.com/beckmann_japan

【会社概要】
会社名 : 株式会社MIOJIO(BECKMANN NORWAY_日本総販売店)
所在地 : 〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目1-1
代表者 : 代表取締役社長 土戸 康永
設立  : 2020年7月
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MIOJIO >
  3. 北欧ノルウェー発、1946年創業【BECKMANN NORWAY】が国内での常設を、Chelsea International青山店(東京都港区)にてスタート!