仙台 X-TECH「AIビジネス創出のための個別メンタリングプログラム」仙台・東北発AIビジネス創出・AI活用を目指す 参画企業12社決定


仙台X-TECH推進事務局(所在地:宮城県仙台市、事務局長:竹川隆司)は、仙台・東北発のAIビジネス創出を支援する「AIビジネス創出のための個別メンタリングプログラム」※1において、今年度の参画企業12社・団体が決定したことをお知らせいたします。製造、食品、金融、メディアなどの地域を代表する企業に加え、医療法人社団やNPOも加わり、仙台・東北発の新たなAIビジネス創出を目指します。
今後、AIを活用した新規事業開発のプロ人材(メンター)が各企業を受け持ち、AIを活用した経営課題の解決、新規事業の創出に向けた支援を行ってまいります。

※参画企業12社のうち公表可能な一部企業について掲載しています。※参画企業12社のうち公表可能な一部企業について掲載しています。

●AIビジネス創出のための個別メンタリングプログラムとは
「仙台 X-TECHイノベーションプロジェクト2021」の一環として実施しているプログラムです。仙台・東北に拠点がある参画企業と、AI等のテクノロジーを活用したビジネス創出を得意とするプロ人材(メンター)をマッチングし、新規事業開発や既存の事業計画に対するコンサルティングなどを通じて必要な知識・ノウハウを提供し、仙台・東北発のAIを活用した新規事業創出を目指すプログラムです。
※:2021年11月15日 仙台X-TECH推進事務局プレスリリース「仙台 X-TECH、「AIビジネス創出のための個別メンタリングプログラム」始動」(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000084933.html


●参画企業 ※参画企業12社のうち公表可能な一部企業について掲載しています。
・特定非営利活動法人アスヘノキボウ(https://asuenokibou.jp/
・ariTV株式会社(https://ari-tv.jp/
・お茶の井ヶ田株式会社(https://www.ocha-igeta.co.jp/
・株式会社SRA東北(https://www.sra-tohoku.co.jp/
・弘進ゴム株式会社(https://www.kohshin-grp.co.jp/
・今野印刷株式会社(https://www.konp.co.jp/
・株式会社横浜八景島※仙台うみの杜水族館(http://www.uminomori.jp/umino/index.html
・株式会社美装社(https://www.bisousya.com/
・株式会社funky jump(https://funkyjump.co.jp/
・医療法人社団やまと(https://tome.yamatoclinic.org/

●具体的な取り組みについて
AI活用・AIビジネス創出のプロ人材(メンター)が、各企業における経営課題や要望のヒアリングの上、具体的な実装プロセスや開発のアドバイス、課題解決に即したAIソリューションの検証等を行います。
 

各企業の取り組み内容について ※一部抜粋
・お茶の井ヶ田株式会社

SAPジャパン株式会社 エヴァンジェリスト 吉越 輝信氏がメンターを担当。公式アプリ、ECサイト、店舗で収集している顧客データ、行動履歴の分析に着手し、売上向上に寄与するマーケティング手法の確立を目指します。

・今野印刷株式会社
株式会社Michele 代表取締役 山田 大典氏がメンターを担当。商店街が保有する顧客データをOCR(光学文字認識)によりデータ化し、人流データと組み合わせ、商店街の活性化に寄与するマーケティングソリューションの開発に向けた協議・検討を行う予定です。

・弘進ゴム株式会社
EBILAB|クアンド|LiLz等、 数多くの企業でAI|IoT|DXを実践している常盤木 龍治氏がメンターを担当。弘進ゴムが展開するシューズウェア事業において、新たなマーケットへの進出とパートナー開拓の手段としてAIやクラウドを用いた事業者マッチングプラットフォームの導入検討および効果検証を進めていく予定です。

・株式会社美装社
看板・サイン工事事業を展開する株式会社美装社では、AI・IoTを活用して看板の劣化を検知し、看板落下による事故を削減するソリューションの開発に向け、活用する技術の検証を行います。熟練の職人の経験に基づいていた劣化診断を、より客観的かつリアルタイムで行えるようにし、産業全体の安心・安全に寄与する仕組みの構築を目指します。常盤木 龍治氏がメンターを担当。


●今後の予定
2月上旬までを目処に全5回程度の個別メンタリングを完了する予定です。また、この度の取り組みにより生まれた新たなビジネスモデルやソリューションは後日発表を予定しております。

仙台 X-TECHイノベーションプロジェクト2021とは
本プロジェクトは、AIやIoTをはじめとする先端IT技術とさまざまな産業との掛け合わせ (X-TECH:クロステック)による新事業の創出や、それをリードする先端IT人材の育成・交流により、テクノロジーの力でイノベーションを生み出し、仙台・東北で暮らす人々が豊かさを 実感できる未来を目指すプロジェクトです。
2017年度より、アイデアソンやビジネスビルドなどオープンイノベーションによる事業共創支援、ハンズオン講座やワークショップによる人材育成支援、首都圏IT人材×仙台IT人材の交流機会創出、X-TECHの普及促進に向けたプロモーション事業などを実施し、X-TECHイノベーションが起こる土壌づくり・人材が還流する仙台ブランドづくりに取り組んできました。
今年度以降は、ウィズコロナを社会の前提と捉え、AIを利活用した「次世代 X-TECHビジネス」の創出に向けた事業開発支援や、事業開発に取り組むことができるAI人材の育成支援を強化することで、地域産業において新たな取組や付加価値の高いビジネスが持続的に生まれるエコシステムの構築を目指します。

事務局概要
名 称        : 仙台 X-TECH 推進事務局
設 立 日    : 2021年9月7日
目 的        : 「仙台X-TECHイノベーションプロジェクト2021」の企画運営
       仙台発X-TECHによる新規事業創出が生まれるエコシステムの構築
参画団体    :株式会社zero to one
       株式会社aiforce solutions
       株式会社ミヤックス
       パーソルイノベーション株式会社 TECH PLAY company
       パーソルイノベーション株式会社 eiicon company
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 仙台 X-TECH 推進事務局 >
  3. 仙台 X-TECH「AIビジネス創出のための個別メンタリングプログラム」仙台・東北発AIビジネス創出・AI活用を目指す 参画企業12社決定