プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

レジル株式会社
会社概要

自己託送で低圧太陽光発電所を100サイト・合計約5MWを設置~東京都をはじめとする首都圏マンションのCO2排出量削減にも貢献~

レジル株式会社

中央電力株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:平野 泰敏、以下 当社)は、「合同会社リネッツ」が提供する自己託送ワンストップサポートサービス『じこたくサポート』を採用し、低圧の太陽光発電所を2022年度末までに計100サイト・合計出力約5MWを整備し再生可能エネルギー電力(以下、再エネ電力)を創出します。現在の国内再エネ電力比率は約20%程度*1であり、今回活用する『じこたくサポート』サービスは“追加性”の観点において有望な非FITの低圧太陽光発電を新たに設置するため、国内の再エネ総量を増大させることが可能です。

また、発電した電力は、当社が「マンション一括受電サービス*2」を提供する一都三県を中心としたマンションにも供給します。マンション一括受電サービスは、全住戸を含めたマンション一棟すべてに電力供給されるため、一般家庭においても一度に纏まったCO2排出量削減が見込めます。
当社は今後も「2050年カーボンニュートラルの実現」やサステナブルな社会の構築に取り組んでまいります。

『じこたくサポート』サービス導入背景
『じこたくサポート(https://denryoku.co.jp/news/news_release/1465/)』は、当社と三菱HCキャピタル株式会社が合同で設立した「合同会社リネッツ」が2021年10月28日に提供を開始したサービスです。環境負荷が小さい、非FITの低圧太陽光発電所を複数ヵ所に設置し、集約して需要地点に届けます。当社が第一号案件として採用することで、今後『じこたくサポート』サービスを利用いただく企業の皆さまに安心してお使いいただけると考えております。

「マンション一括受電サービス」への導入背景
当社はこれまで「マンション一括受電サービス」を主軸に、それ以外のマンションにおいては共用部への電力供給等、マンション管理組合さまやオーナーさまを対象とした電力関連サービスを提供してまいりました。近年RE100*3などの環境目標やESG経営の推進により、法人分野を中心に再エネ等、カーボンフリーの電力に関するニーズが急速に上昇しています。今後マンション分野においても、資産価値向上等を目的としたCO2排出量削減の需要が益々高まると考えています。

当社は、一括受電サービスを通してマンション一棟単位・全戸の電力を再エネ由来とする 『RE100対応・再エネマンションプロジェクト(https://denryoku.co.jp/news/news_release/1256/)』のようなCO2排出量削減へ繋がる取り組みを別途実施しており、マンション管理組合さまやオーナーさまをはじめ多数反響をいただいております。昨今、法人分野を中心に再エネ等、カーボンフリーの電力に関する急速なニーズの上昇にも相まって、今後マンション分野においても、資産価値向上等を目的としたCO2排出量削減の需要が高まると考え、安定的に再エネ電力を供給できるよう、自ら太陽光発電所の整備を実施するに至りました。
また、今回創出する5MWの再エネ電力は東京都を中心としたマンションへ供給され、マンション単位の纏まったCO2排出量の削減が見込めるため、一般家庭層において更なるCO2排出量の削減に貢献できると考えております。

*1 国内再エネ電力比率は約20%程度=日本の再エネ電力比率は2020年度版(2019年度統計)で18%。出典:「日本のエネルギー 2020年度版/資源エネルギー庁」
*2 マンション一括受電サービス=マンション全世帯で電気を一括契約し、安価な電気をまとめて購入することで電気料金を削減し戸別契約よりも割安な電気を利用できるサービス。
*3 RE100=企業が事業で使用する電気の100%を再エネとすることにコミットする協働イニシアチブ。企業が結集することで、政策立案者および投資家に対して、需要家からエネルギー移行を加速させるためのシグナルを送ることを意図する。日本では、「日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)」がRE100の公式地域パートナーとして、日本企業の参加と活動を支援する。

■今後の展開
本件は昨今の社会課題の一つである“2050年カーボンニュートラルの実現”を見据えたものであり、中央電力のメイン事業を通じてサステナブルな社会創りに貢献する具体策の一つとなります。今回の取り組みを通じて、まとまった削減が困難とされる家庭部門でのCO2排出量削減に寄与してまいります。

中央電力は電気を通じてこの先何十年、何百年と、より安心・安全・健康に生活できる生活基盤づくりに尽力することで“カーボンニュートラルの実現”、サステナブルな社会創りに貢献してまいります。


企業情報
商 号 : 中央電力株式会社 (https://denryoku.co.jp
代表者 : 代表取締役社長 平野 泰敏
本社所在地 : 東京本社 東京都港区赤坂 1-9-13 三会堂ビル 6 階
       大阪本社 大阪府大阪市浪速区湊町 1-4-38 近鉄新難波ビル 2 階
資本金 : 1 億円
関連会社 : 中央電力ソリューション株式会社、中央電力エナジー株式会社、中央電力DX株式会社、
株式会社中央電力保安協会

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://denryoku.co.jp/news/news_release/1465/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

レジル株式会社

7フォロワー

RSS
URL
https://rezil.co.jp/
業種
電気・ガス業
本社所在地
東京都千代田区丸の内一丁目8−1 丸の内トラストタワーN館14階
電話番号
03-6846-0900
代表者名
丹治 保積
上場
東証グロース
資本金
1億8000万円
設立
1994年11月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード