アジア電子部品投資ファンドの設立ならびにセンインテクノロジーズ株式会社への出資に関するお知らせ

日本の電子部品中堅中小企業の成長を加速します

AIS CAPITAL株式会社(本社:東京都千代田区丸の内、パートナー:郭健、肖敏捷、崔皓)はこのたび、「アジア電子部品投資事業有限責任組合(以下「アジア電子部品投資ファンド」)」を設立し、第一号案件として三次元MIDのトータルソリューションプロバイダーであるセンインテクノロジーズ株式会社に出資しましたことをお知らせします。
アジア電子部品投資ファンドは、日中クロスボーダーM&A助言、プライベートエクイティ及び企業再生の各分野において豊富な経験と実績を有する無限責任組合員が設立した「日中電子部品産業架け橋ファンド」です。半導体、ディスプレイデバイス、コンデンサーや電子回路基板等の電子部品産業は長年来日本企業の「お家芸」産業でした。しかし近年、韓国や中国の新興メーカーの台頭により、多くの日本の電子部品企業が国際競争力を失い、市場シェア低下と成長停滞に陥ってしまいました。アジア電子部品投資ファンドは、国内中堅中小電子部品企業に特化したグロース投資戦略、中国の有力なパートナー企業との連携による独自の価値創造戦略、経営管理の強化及び資本構成の最適化等を通じ、ユニークな技術を持つ中小企業の成長を加速し、停滞傾向の中小企業を再成長に導きます。

今回、アジア電子部品投資ファンドの初回案件として、2022年3月8日付でセンインテクノロジーズ株式会社に出資しました。同社は三次元MIDのアイデアから設計、開発、製造そして販売まで一貫してサポートしており、小型化・軽量化を同時に実現することでお客様の生産効率や空間利用効率を高めることができ、エレクトロニクス、医療機器や自動車等幅広い業界での需要が見込まれます。今後日本のみならず海外市場の開拓も視野に入れていることから、アジア電子部品投資ファンドは必要な成長資金を提供することにより、同社の事業基盤を強化し、将来の株式上場を目指して企業価値最大化を図って参ります。


「三次元MID」とは
MIDは射出成型品に配線を施した製品で、三次元配線された製品は三次元MIDと呼ばれています。MIDは従来Molded Interconnected Deviceの略でしたが、2018年のドイツ3D MID Congressにおいて製造装置・工法・材料にとらわれず用途の拡がりが予想されることを見据えてMechatronic Integrated Deviceと再定義されました。

【センインテクノロジーズ株式会社について】
会社名: センインテクノロジーズ株式会社
所在地: 東京都中央区日本橋本町3-11-5日本橋ライフサイエンスビル2-501
設立日: 2021年10月
代表者: 代表取締役社長 川崎 篤志
事業内容: 電機・電子機器製品および、これらに関連する部品・材料の開発・販売及び製造
URL: https://senintech.com/

【AIS CAPITAL株式会社について】
ベンチャー投資や投資銀行のバックラウンドを持ち、中国を熟知し、日本に精通するメンバーで構成し、日中クロスボーダー投資や進出支援にフォーカスする専門家集団です。創業当初から、日中新時代資本と産業の架け橋を目指し、「アジアの活力を日本へ」というスローガンを掲げ、①日中クロスボーダー投融資に関するアドバイザリー業務、②自己資金及び、ファンド組成による投融資業務、及び③スタートアップ支援、ベンチャーコミュニティ運営の3つの事業を展開しています。 

◆ 会社概要
会社名: AIS CAPITAL株式会社
所在地: 東京都千代田区丸の内1-5-1新丸ビル10階
パートナー: 郭健、肖敏捷、崔皓
設立日: 2017年5月
URL: https://www.aiscapgroup.com

◆ アジア電子部品投資ファンドの概要
(1)  ファンド名: アジア電子部品投資事業有限責任組合
(2)  所在地: 東京都千代田区丸の内1-5-1
(3)  設立日: 2021年10月
(4)  出資者: AIS CAPITAL株式会社、日本の機関投資家、アジアトップクラスの電子部品製造販売会社など
(5)  投資対象: 電子デバイス、電子部品の研究開発、製造販売を主要事業とする成長企業
(6)  出資方法: 株式買取または第三者割当増資によるマジョリティ持分の取得を原則とするが、50%以下の戦略出資も可能
(7)  運用期間:5年間(2年間の延長オプションあり)
 
  1. プレスリリース >
  2. AIS CAPITAL株式会社 >
  3. アジア電子部品投資ファンドの設立ならびにセンインテクノロジーズ株式会社への出資に関するお知らせ