結婚式の記録映像、残して良かった理由1位は「当日見ることが出来なかったシーンを確認できたため」(52.0%)!

コロナ禍における結婚式の記録映像に関する意識調査 vol.2

記録型映像商品『想い出プラスMovie』を提供する株式会社ウィーブ(本社:大阪市北区、代表取締役社長:安田 真悟、以下 「ウィーブ」)は、2020年3月〜2021年9月期間中に、結婚式を挙げた全国の20代〜30代男女307名を対象に『結婚式の記録映像』に関する意識調査をしました。
  • 調査結果まとめ
結婚式当日の様子をムービーに収める、結婚式の記録映像(以下「記録映像」)について

1)記録映像を残してよかった理由は、「当日見ることが出来なかったシーンを確認出来たため(52.0%)」「当日バタバタしていて味わえなかった瞬間を感じられたため(43.2%)」「感動的なメッセージや余興を何度も見返すことが出来たため(39.9%)」等が挙げられる

2)記録映像の用途は、「自分たち用に結婚式の振り返り(80.2%)」「親族用にプレゼント(45.7%)」「当日招待できなかった人に式の様子を見てもらう(19.1%)」等が挙げられる

3)記録映像をSNSに投稿した方は36.4%
 
  • 調査結果
1)記録映像を残してよかった理由は、「当日見ることが出来なかったシーンを確認出来たため(52.0%)」「当日バタバタしていて味わえなかった瞬間を感じられたため(43.2%)」「感動的なメッセージや余興を何度も見返すことが出来たため(39.9%)」等が挙げられる

特に20代前半の女性、次いで30代後半の男性が残して良かった意義を感じており、過半数以上が「当日見ることが出来なかったシーンを確認できたため」「当日バタバタしていて味わえなかった感動を感じられたため」「感動的なメッセージや余興を何度も見返すことができたため」と回答していました。

2)記録映像の用途は、「自分たち用に結婚式の振り返り(80.2%)」「親族用にプレゼント(45.7%)」「当日招待できなかった人に式の様子を見てもらう(19.1%)」等が挙げられる

特に記録映像の用途として親族用にプレゼントをしていたのは、30代後半男性が最も多く83.3%にのぼっています。

3)記録映像をSNSに投稿した方は36.4%

SNSへの投稿は、30代前半男性が最も多く53.8%にのぼっており、次いで20代前半女性(42.1%)、20代後半女性(40.5%)、30代前半(40.0%)となっています。

(参考)
1. 調査対象: 2020年3月〜2021年9月に結婚式をした20代〜30代男女
2. 調査方法: インターネットリサーチ
3. 調査期間:2021年10月18日〜2021年10月25日
4. 有効回答者数:307名
5. 回答者の属性:【性別】男性:50.0%、女性:50.0%
【年代】20代:55.5%、30代:44.5%
 
  •  株式会社ウィーブ
商号   : 株式会社ウィーブ
代表者  : 代表取締役社長 安田 真悟
所在地  : 〒530-0016 大阪市北区中崎2-1-4 嶌野ビル4F
設立   : 2000年8月
資本金  : 4,150万円(資本準備金2,850万円)
URL  : https://weve.co.jp/
事業内容 :
・映像・演出、メディア事業
記録映像の式後販売サービス
演出サービスの商品企画・販売
・ギフト事業
ギフトコンサルティング
ギフトプロデュース
引出物ゲスト宅配送サービス
引出物閲覧システム
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ウィーブ >
  3. 結婚式の記録映像、残して良かった理由1位は「当日見ることが出来なかったシーンを確認できたため」(52.0%)!