㈱太陽油化は、東京栄養サミット2021を契機に「貧困撲滅」への道筋を示す「栄養コミットメント」を発表

〜食料安全保障と農民の生活向上による栄養改善〜

株式会社 太陽油化(本社:東京都板橋区、代表取締役:石田太平)は、株式会社アセンティア・ホールディングス(社長:土屋 晃 本社:兵庫県神戸市)とともに、2021年12月7日(火)~8日(水)に開催される東京栄養サミット2021(主催:日本政府)を契機に、栄養改善の具体的な目標である「栄養コミットメント」を発表し、10月14日にコミットメント登録サイト(Global Nutrition Report)に登録しました。
報道関係各位
2021年12月6日
株式会社 太陽油化



株式会社 太陽油化(本社:東京都板橋区、代表取締役:石田太平)は、株式会社アセンティア・ホールディングス(社長:土屋 晃 本社:兵庫県神戸市)とともに、2021年12月7日(火)~8日(水)に開催される東京栄養サミット2021(主催:日本政府)を契機に、栄養改善の具体的な目標である「栄養コミットメント」を発表し、10月14日にコミットメント登録サイト(Global Nutrition Report)に登録しました。
当社は「快適のために、あの手この手」というコーポレートスローガンのもと、社会の課題を事業で解決することを理念としており、2030年までに世界の貧困問題を解決するため道筋としてマイクロフランチャイズモデルを構築し、アフリカをはじめとする貧困や飢餓が課題の国々に食糧と仕事を生み出すことを目標に、この「栄養コミットメント」を策定しました。
具体的目標を、東京栄養サミットを通じて国内外に発表することで、社会に向けてその実現を固くお約束します。
そして、透明性の高い進捗報告とフォローアップに着実に取り組んでいきます。
 












私たちのコミットメント
「食料安全保障と農民の生活向上による栄養改善」
コミットメント
太陽油化とアセンティア・ホールディングスは、2022年3月から2029年12月までの8年間で、アフリカ諸国の複数の農家を対象に、農業生産量を1.1~1.5倍、農薬・肥料の使用量を60~80%削減することを約束します。 これは、農家の方々に低コストのソリューションを提供することで、収穫量の増加や農薬・肥料の使用量の削減を支援する新しいビジネスモデルを開発することで達成されます。

具体的なアクション
各国のニーズに合ったマイクロフランチャイジーという新しい農業ビジネスモデルを、現地の関係者と協力して構築し、収穫量や作物の品質を向上させることで農家の生活を改善するとともに、有機農業に必要な教育を行います。マイクロフランチャイズは、非常に低コストで現地生産が可能な土壌改良を中心に展開します。

責任者:
株式会社 太陽油化、株式会社アセンティア・ホールディングス

測定項目:
収穫量、現在の農薬・肥料の使用量、農家の利益

ベースライン:
農薬や化学肥料を大量に使用しているにもかかわらず、収穫量が少なく、環境や土壌の質が大きく損なわれている農家

タイムライン:
2022年初頭に5カ国でオペレーションを開始します。2023年までに農家の方々と成果を確認する。2023年末から、マイクロフランチャイズモデルを周辺地域や近隣諸国に拡大する



Commitment for Tokyo Nutrition Summit 2021
Title
Improving nutrition by improving food security and farmers’ lives.

Commitment Type
Operational
Commitment
Taiyo-Yuka and Assentia Holdings commit to improve agricultural production by 1.1 to 1.5 and decrease the use of pesticides and fertilizers by 60% to 80% of several farmers from various African countries in a 8 years span ( from March 2022 to December 2029 ). This will be achieved by developing a new business model that will help farmers by providing low cost solutions to help them increase their yield and decrease their pesticides and fertilizers use.
Specific Action
Creation of a new agribusiness model, a micro-franchise that fits the needs of each country, in cooperation with local parties and improving farmers' lives by increasing their yield, and quality of their crops as well as dispensing the necessary education for organic farming. The micro-franchise will be centered around a biofertilizer that can be produced locally at very low cost.
Responsible Party
Taiyo Yuka,CO,LTD. and Assentia Holdings, Inc.
Measurable
Yield, current usage of pesticides and fertilizers and the profits of farmers.
Baseline
Farmers with low yield despite high usage of pesticides and chemical fertilizers and highly damaged environment/poor soil quality.
Timeline
Start of the operations in 5 countries in early 2022. Confirm the results with the farmers by 2023. Expansion of the micro-franchise model in surrounding areas as well as in neighbouring countries starting the end of 2023.





【会社概要】
会社名:株式会社 太陽油化

所在地:東京都板橋区三園2-12-2
代表者:代表取締役 石田 太平
設立:1970年9月28日
URL:https://www.taiyo-yuka.com/
事業内容:産業廃棄物処理業
エシカル重油 製造販売
      危険物施設メンテナンス
サーキュラエコノミー商品 「東京8」製造・販売


【お客様からのお問い合わせ先】
【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社 太陽油化 東京バクテリアラボ事業部 鈴木 晴子
TEL:03-3938-0022
e-mail:sei.suzuki@taiyo-yuka.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ㈱太陽油化 >
  3. ㈱太陽油化は、東京栄養サミット2021を契機に「貧困撲滅」への道筋を示す「栄養コミットメント」を発表