4月1日(月)より、NHKラジオを正式なサービスとして配信

株式会社radiko(代表取締役社長:青木 貴博、所在地:東京都中央区)が運営するラジコでは、2019年4月1日(月)より、NHKが実験として実施してきたラジオ番組の配信を正式なサービスとして実施します。配信エリアは全国47都道府県で、配信コンテンツは、NHKラジオ第1(全国を8エリアに分けた8コンテンツ)およびNHK-FM(東京1コンテンツ)となります。


<報道資料>
2019年3月22日 
株式会社radiko 

41日(月)より、NHKラジオを正式なサービスとして配信

株式会社radiko(代表取締役社長:青木 貴博、所在地:東京都中央区)が運営するラジコでは、2019年4月1日(月)より、NHKが実験として実施してきたラジオ番組の配信を正式なサービスとして実施します。配信エリアは全国47都道府県で、配信コンテンツは、NHKラジオ第1(全国を8エリアに分けた8コンテンツ)およびNHK-FM(東京1コンテンツ)となります。

NHKと日本民間放送連盟では2011年より、ラジオの魅力を知ってもらうことで新たなラジオリスナーの獲得を目指すことを目的に、『NHK・民放連共同ラジオキャンペーン』を実施してきました。ラジコでのNHKラジオの配信は、同キャンペーンの一環として2017年10月より、一部エリア(関東広域・福岡県域・宮城県域・広島県域・愛媛県域の5エリア)で実験的な配信をスタートしました。その後、2018年度には配信地区を全国47都道府県に拡大し、実験配信を継続しています。

この度のNHKラジオの正式なサービスは、これまでの実験配信を踏まえてNHKが総合的に判断したもので、リスナーのユーザビリティを重視しラジオの社会的価値を訴求する、NHKと民放連の垣根を越えた取組みとなります。

現在、ラジコには民放ラジオ93局と放送大学が参加し、月間ユニークユーザー数約700万人、日間ユニークユーザー数は約120万人を超えています。また、2014年4月に開始した『ラジコプレミアム』(有料/放送エリア外聴取)の登録会員数は約57万人(2019年1月現在)、さらに2016年10月に実証実験を開始し、2018年7月に本番化しました『タイムフリー聴取』(無料)の月間ユニークユーザーは約290万人(2019年1月現在)に達しています。

なお、ラジコでのNHKラジオの配信は、無料で聴取できるライブ(同時配信)のみで、『ラジコプレミアム』(有料/放送エリア外聴取)、『タイムフリー聴取』(無料)での聴取はできません。

また、現在実験配信中のNHK第2は、2019年3月29日(金)の放送にて配信終了となります。


【ラジコでのNHKラジオ正式サービス配信概要】

開始日:2019年4月1 日(月)
実施地区: 全国47都道府県
実施コンテンツ:  ①NHKラジオ第1(8エリア8コンテンツ)
②NHK-FM(全国共通-東京1コンテンツ)


・ライブ(同時配信)のみとなります。
・『ラジコプレミアム』(有料/放送エリア外聴取)、『タイムフリー聴取』(無料)での聴取はできません。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社radiko >
  3. 4月1日(月)より、NHKラジオを正式なサービスとして配信