ETS、2014年度TOEFL(R)テストスカラシッププログラムを発表

成績優秀者6名に総額42,000米ドルの奨学金を授与

米国ニュージャージー州プリンストン発 -- 米国の非営利教育団体でTOEFL(R) テスト作成団体であるEducational Testing Service(本部:米国ニュージャージー州、以下ETS)は、日本国内学生向け2014年度TOEFL(R)テストスカラシッププログラムの概要を発表しました。今年で4年目を迎える本スカラシッププログラムは、学業成績が優秀で、英語能力が高く、地域での奉仕活動等、幅広い課外活動の経験を有する日本国内に居住するTOEFLテスト受験者に授与されます。
ETSは、日本国内に居住する成績優秀なTOEFLテスト受験者に総額120,000米ドル以上の奨学金を提供しています。2014年度は日本国内及び海外の大学および高等教育機関の学費として6人に総額42,000米ドル(一人当たり7,000米ドル)の奨学金を授与します。

ETSのグローバルエデュケーション・ワークフォース部門 上級副社長 デイビッド・ハントは、「英語はビジネスと学術分野の両方で優先的に使われる国際言語で、その価値と重要性はこれまで以上の高まりをみせています。ETSはTOEFLテスト受験者を対象としたスカラシッププログラムを継続して実施し、日本国内の意欲のある学生の英語学習を支援しています。ETSは、本年度も6名の優秀な受験者にスカラシップを授与できることを光栄に思います」と述べています。

2014年度 TOEFLテスト スカラシッププログラムの応募資格は下記のとおりです。
- 日本国内に居住していること(申請時)
- 専用ウェブページ(オンライン)上で成績証明書を提出(アップロード)し、申請を完了すること
- TOEFL(R) Destination Search(www.toeflgoanywhere.org/destination-search )に掲載された教育機関において、大学学部課程または大学院課程を2014年に開始予定であること
- 有効なTOEFLテストスコアを保持していること
- 学業成績が100点満点で平均80点以上、もしくは、4点満点で平均3.0点以上であること
- リーダーシップスキルを有し、地域での奉仕活動等を含め、幅広く課外活動に参加していること

2014年度 TOEFLテスト スカラシッププログラムの詳細は
ETSウェブサイト(www.ets.org/toefl/scholarships/japan )をご覧ください。スカラシッププログラムへの応募申請の締め切りは2014年5月28日(水)、受賞者の発表は6月を予定しています。


■ TOEFL Testについて
TOEFL テストは英語能力を評価する試験として、世界の幅広い国で受け入れられているテストです。現在、130ヵ国、9,000 以上の機関が導入し、累計2,700万人がTOEFLテストを受験しています。TOEFL テストの受験方法、勉強の方法、サンプルテスト等についてはTOEFL(R) Go Anywhere ウェブサイト www.toeflgoanywhere.org で確認することができます。

■ Educational Testing Service(ETS) について
ETSは綿密な調査に基づくアセスメントの作成を通じ、世界中の人々に対する教育の質と公正さの向上を目指す非営利団体です。ETS は学生や保護者をはじめ、教育機関、政府機関にもサービスを提供し、教育面での研究や分析、方針の研究を実施し、また教員の認定、英語学習、初等/中等/中等後教育に関するさまざまなカスタマイズ サービスおよび製品の開発を手掛けています。ETSは1947年に非営利教育団体として設立され、世界 180 ヵ国以上、9,000ヵ所を超えるロケーションで毎年 TOEFL(R)テスト、TOEIC(R) テスト、GRE(R) General Test と Subject Test、The Praxis Series(R) アセスメントといった 5,000 万件以上のテストの開発、実施、評点を行っています。ETSは、日本国内に居住する成績優秀なTOEFLテスト受験者に総額120,000米ドル以上の奨学金を提供しています。2014年度は日本国内及び海外の大学および高等教育機関の学費として6人に総額42,000米ドル(一人当たり7,000米ドル)の奨学金を授与します。
  1. プレスリリース >
  2. Educational Testing Service >
  3. ETS、2014年度TOEFL(R)テストスカラシッププログラムを発表