2022年7月「出発するホテル。東横INN」としてスタート

新ブランドコンセプトを策定

全国でビジネスホテル「東横INN」を運営する株式会社東横インは、2022年7月1日(金)より、ブランドの再構築に向けてブランドロゴを一新し、新しいブランドコンセプトやカスタマープロミスを体現するサービス・設備などを順次導入してまいります。

  • なぜ今、ブランド再構築か
ビジネスホテル業界は成熟期に入りました。大浴場など特色あるサービスを持つホテルチェーンが続々と台頭しています。これにより、東横INNの好立地、機能的な客室とシンプルなサービス、リーズナブルな料金というビジネスホテルスタンダードでもある特長が薄れつつあり、今後の方向性の検討を行いました。
ビジネスホテルを含む各種宿泊施設利用者に調査(※)を実施、今やビジネスホテルはレジャー利用率が高いこと、特に20~30代男女にこの傾向が顕著であることが判りました。この結果を踏まえ、ビジネス目的だけでなく、幅広い目的、年代のお客さまに支持されるホテルになる、その為にブランド再構築を決意しました。
観光やインバウンド需要回復の兆しが見えてきた今、新たなブランドコンセプトでスタートします。

※過去3年における宿泊施設の利用目的、回数、場所(ビジネスホテル、シティホテル、旅館など)、選定時の重視点など。サンプル数 53,031名、2021年5月実施(当社調べ)
 
  • ブランドコンセプト 「全国ネットワークの基地ホテル」
1都2府42県の県庁所在地、東海道新幹線全駅に出店。交通の要衝を中心に広がる日本最大級の客室数。
全国どこにでもあり、いつ訪れても変わらず、明日の出発に備えて安心してリチャージできる‘基地’のようなホテル。
東横INNは出張やプライベート旅行など、すべてのお客さまの移動を、全国ネットワークで応援します。
- 直営展開により、全店標準化された設備・サービス品質を維持し、品質マネジメント規格を示すISO9001を取得。
- 全店で利用できる特典を付した「東横インクラブカード」会員は671万人(2022年5月末日時点)。今後、会員サービスのさらなる強化を図っていきます。
 
  • カスタマープロミス <出発するホテル> 「最高の行ってらっしゃいを提供します」
お客さまがビジネスホテルを利用する目的、旅のピークは「外」にあると私たちは考えます。
東横INNは「外」で活躍する人、「外」を楽しむ人に次のことをお約束します。

<リチャージ>
シンプルで清潔・安心なホテル。旅先ならではのちょっとした非日常の楽しさを提供します
- 身体へ器具装着せず、眠るだけで睡眠状況をデータ取得し、記録できるサービス「すいみんPJ」(10店舗導入) 
- 上質な宿泊体験ができる「プレミアムプラスルーム」(エアウィーブマットレスやリファシャワーヘッドなど5つのプレミアムアイテムを設置。134店舗導入)

<行ってらっしゃい>
全国、駅前立地の利便性。最高の笑顔でお客さまの出発をお見送りします

- 2022年7月28日、佐賀駅前オープン。高知県を除く全県へ出店中

<地域、地球との共生ホテル>
地域の活性化と発展に貢献し、共存共栄の関係を築く。そして、地球の未来を考えたホテルづくりをします

- 地域の小学生を招待し、ビジネス出張の疑似体験をする「はじめての出張」、クラシック音楽の力でコミュニティを活性化させ、若手演奏家の育成も目的とする「100万人のクラシッククライブ@東横INN」などを継続実施。
- 環境サステナビリティに向けた「Toyoko Inn Blue Rebornプロジェクト」の一環として、使用済プラスチックアメニティの回収を国内全店で実施。脱プラスチック社会の実現に向けて、持続可能な容器であるアルミボトル缶入りのオリジナル炭酸水を国内全店で販売。

ブランドビデオ「青い光」篇 公開中!「東横INNブランド」 https://www.toyoko-inn.co.jp/brand/
 
  • 新・ブランドロゴ
東横INNの財産である「圧倒的な看板文字」の印象を、出発を象徴する矢印のマークで表現。
斜め上をむいた矢印は、家の屋根のようにも見え、もう一つの我が家のように安心してお泊りいただきたいという想いを込めています。
ブランドカラーは ' toyoko blue ' と名付けた鮮やかで深く清いブルー。
出発する背中にエールを送るような、すがすがしく前向きなデザインにしました。

  • 東横INNとは
「全国ネットワークの基地ホテル」をコンセプトに、1都2府42県に日本一の客室数を展開するビジネスホテルチェーン。
空港や新幹線駅(※1)をはじめとして全国どこにでもある安心感と、明日への活力をリチャージする快適な空間・サービスで、すべてのお客さまの移動を応援、最高の「行ってらっしゃい」を提供します。
海外5カ国17店舗を含め全335店舗、総客室数は73,339室(※2)。
※1:東海道新幹線全駅に出店  ※2:2022年6月30日現在
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東横イン >
  3. 2022年7月「出発するホテル。東横INN」としてスタート