国内初。JBS、Microsoft Dynamics CRMに関するDynamics 導入計画サービス提供を開始

日本ビジネスシステムズ株式会社(本社:東京都港区、社長:牧田幸弘、以下 JBS)は、2015年3月2日に、Microsoft Dynamics CRMに関するDynamics 導入計画サービス(DYDPS)の提供を開始しました。
導入計画サービスとは、Microsoft社(本社:米国)がパートナーを介して顧客企業に提供するプログラムであり、Dynamics CRMおよびDynamics AXに関するDYDPSは、2014年12月8日に日本国内向けに発表されました。JBSは、国内で初めてDYDPSを提供するパートナーとして2015年2月9日に認定されました。
 
JBSのDYDPSでは、顧客企業の利用環境にあわせたDynamics CRMの最新ソフトウェア環境への移行/展開計画のご支援を提供します。顧客企業はマイクロソフトのボリュームライセンスに付随するソフトウェア アシュアランス特典を用いることで、DYDPSを無償で利用できます。
 
これまでもJBSは、以下6種類の導入計画サービスを提供しています。
 
1.デスクトップ導入計画サービス
2.Lync & Exchange導入計画サービス
3.SQL Server導入計画サービス
4.パブリッククラウドプラットフォーム、Microsoft Azure導入計画サービス
5.SharePoint導入計画サービス
6.仮想化導入計画サービス
導入計画サービス紹介Web:http://www.jbs.co.jp/solution/list/xdps
Dynamics CRM紹介Web:http://www.jbs.co.jp/solution/list/crm

JBSは、DYDPSをはじめとした導入計画サービスを提供し、顧客企業が最新のソフトウェアの価値を享受し、ビジネスを促進いただけるようこれからも邁進いたします。

■日本ビジネスシステムズ株式会社(JBS)について
●会社概要
代表者: 代表取締役社長 牧田 幸弘
設立:     1990年10月4日
事業内容: ITコンサルテーション,システムインテグレーション,ITサービス,アプリケーション開発
売上高(グループ全体):    286億円(2014年9月期)
社員数:                      776名(単体)、1,523名(グループ全体)
コーポレートサイト:            http://www.jbs.co.jp

●事業概要
JBSはマイクロソフトプラットフォームを中心とするIT環境をインフラからアプリケーション開発、さらには運用、保守までマルチベンダーとして提供できるシステムインテグレーターです。
JBSはMicrosoft Japan Partner of the Year 2014(Collaboration and Content(2年連続)、Management and Virtualization)の受賞をはじめ、Goldコンピテンシー全10分野、Azure Managed Service Provider、COSN Technology Partnerとしてサービスの展開を進めております。

●Ambient Office/アンビエントオフィス®について
「Ambient Office/アンビエントオフィス®」とは、JBSが提供する、主としてマイクロソフト製品群をエンドユーザ視点のシナリオに基づいて統合するソリューションの総称です。JBSが今まで培ってきた構築実績とユーザエクスペリエンス手法のノウハウをもとに、SharePoint Serverを中心としたマイクロソフト製品の機能・性能を最大限に引き出し、ユーザ経験価値を最大化するソリューションを提供します。
http://www.jbs.co.jp/solution/list/ambientoffice

 

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本ビジネスシステムズ株式会社 >
  3. 国内初。JBS、Microsoft Dynamics CRMに関するDynamics 導入計画サービス提供を開始