「考える楽しさ」を世に広めるメディアプラットフォーム【THYNK(シンク)】多種多様なメディアから「考えるきっかけ」をユーザーに提供。

~ユーザーに考えさせる。という、新しさをお届け~

未来のエンターテインメント創出を目指し、国内No.1ニュース動画アプリ「ViMET(ビメット)」を開発運営している、EMET Creation株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 柳本創)は、この度、独自メディアプラットフォーム「THYNK(シンク)」の提供を開始いたしました。
 

【公式サイト】 http://thynk.ooo

THYNKとは?
誰もが幼い頃は、自分の身の回りの世界に対して、「なんで?」「どうして?」と疑問を持っていました。
しかし、自身の成長や文明の進化により、思考を巡らせること自体が、極端に減っています。例えば、「電車では本を読まずにスマホでゲーム」、「恋人との問題は、友達に相談する前にキュレーションサイト」、「新しい買い物はネットショップでレビュー」など。
確実に利便性は高まっていつつも、一方で「自分で考える」必要がなく、その時間がなくなりつつあります。
THYNKはそんな現代社会人に対し、映像・文章・写真・音楽と、多種多様なメディアを通じ、考えるきっかけを与えることを目的としたプラットフォームです。

THYNK内企画カテゴリ一
●THYNK 考えるTV
日々生活している上で「当たり前」だと思われている事象や表現、考えをテーマとし、問い改める番組。司会のコミンズ・リオとあさぎーにょが毎回様々なゲストを迎え、テーマについて「なぜ当たり前だと思われているのか」と「それは正しいのか」を徹底検証。「そんなこと考えたこともなかった!」思わずそう口にしてしまいそうなテーマや発言満載の、出演者から制作者一同が「考えること」を追求し作りあげたオーガニック・テレビ番組。

● #thynk14
「そういえば、最近思ったんだけど…」誰もがふと口にする最近の考えを、ツイッター動画と連動させた視聴者参加型動画企画。140秒以内に考えをまとめ、企画名である「#thynk140」のタグ付けのみで、誰もが投稿可能。世界中の人々の「最近思ったこと」がここに集まる!

●一思万考
”一”つの”思”想は”万”人の”考”えを促す。
写真・動画、文章・漫画、詩・音楽と、コンテンツ毎の「考え」の集積所。その特徴は全コンテンツが連載型であること。投稿者が普段から問い改めたことが、一つの企画としてユーザーに届けられる。

【THYNK編集長Founder:コミンズ リオ】
米国オレゴン州ポートランド出身。日英バイネイティブ。面白絶対主義者。「面白いかどうか」を人生の軸にしている。学生時代には大学生専門レコーディングスタジオ「ERL スタジオ」を立ち上げ運営。その後民放キー局での勤務を経て、2015年には世界の12の都市に一ヶ月ずつ滞在し日常生活を比較するプロジェクト「World in Twelve」を実行。一年間の様子を記録した展示会を行った後、クーリエ・ジャポンにて連載を持つ。2017年には、世にある「当たり前」を問い直す企画プラットフォーム「THYNK」を始動。食べること、書物を読むことが何より好き。

【公式サイト】
http://thynk.ooo

【公式SNS】
・Facebook:https://www.facebook.com/thynk.ooo/
・Twitter:https://twitter.com/thynk_ooo
・Instagram:https://www.instagram.com/thynk.ooo/

【THYNK運営企業】
EMET Creation株式会社
所在地:東京都港区六本木6-6-2-201
代表取締役:柳本 創
設立:2014年5月26日
事業内容:未来のエンターテインメント創出を目指し、未来のテレビ「ViMET(ビメット)」の開発運営や、「THYNK(シンク)」の企画運営を行う
会社HP:http://emet.jp/
ViMET(ビメット):https://appsto.re/jp/b-dh3.i

【お問い合わせ先】
お問い合わせフォーム:info@emet.jp
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. EMET Creation株式会社 >
  3. 「考える楽しさ」を世に広めるメディアプラットフォーム【THYNK(シンク)】多種多様なメディアから「考えるきっかけ」をユーザーに提供。