4月23日(日)「世界 本の日」にできること ~アフガン少女の識字力向上のために。日本全国からランドセルを募集中!~

世界で最も識字率が低い国のひとつであるアフガニスタンの子どもたちに向けて 国際協力NGOジョイセフ(東京都新宿区)が日本全国よりランドセルを募集中!

文豪シェークスピアの命日にあたる4月23日、何の日かご存知ですか?毎年4月23日は、1995年にパリで開催されたユネスコ総会における宣言文により、「世界 本の日」と制定されています。同日は世界各地で本に関連するイベント等が実施されますが、一方で、本を読むための識字能力(識字率)が低い国も数多く存在するのが現状です。

アフガニスタンでは、特に女性の識字率が低く(世界ワースト3位*)、その背景には旧タリバン政権時代に女性教員の就労や女子への教育が原則禁止されたことや、断続的な内戦による教育基盤の破壊、貧困による子どもたちの労働、そして女子の早婚といった文化的背景も原因として挙げられます。
*出典: UIS. Stat ユネスコ統計DB http://data.uis.unesco.org/Index.aspx?queryid=166

途上国の女性と妊産婦を支援する国際協力NGOのジョイセフ(東京都新宿区)は、 2004年より「想い出のランドセルギフト」として、日本全国から使い終えたランドセルを募り、アフガニスタンの子どもたち、特に女子の就学支援や識字力向上のために、ランドセルや文具を現地に寄贈する国際支援活動を行っています。14年目にあたる今年も「想い出のランドセルギフト」を実施しており、春のキャンペーン期間の5月31日(水)まで日本全国よりランドセルを募っています。
https://www.joicfp.or.jp/jpn/donate/support/omoide_ransel/

人生の転機となるランドセル

ランドセルは、アフガニスタンでは特徴的な形・色をしているため、「学校に通う子どもたち」の視覚的象徴となります。子どもの就学を渋っていた親も、「うちの子もあのランドセルを持って学校に通わせてあげたい」と次第に意識が変化し、ランドセルを受け取ることで教育を受けるきっかけがうまれます。日本のランドセルは、アフガニスタンの子どもたちの人生に大きなチャンスを与える道具となっています。
 

【想い出のランドセルギフト】

■ WEB
  https://www.joicfp.or.jp/jpn/donate/support/omoide_ransel/
■ Facebook
  https://www.facebook.com/想い出のランドセルギフト-682201535164092/
■ キャンペーン期間
  2017年5月31日(水)まで
■ 主催
  国際協力NGOジョイセフ
■ 問合わせ先
  国際協力NGOジョイセフ:市民社会連携グループ
  電話:03-3268-5875 Email: info@joicfp.or.jp

【国際協力NGOジョイセフ】
ジョイセフ(公益財団法人)は、開発途上国の妊産婦と女性の命と健康を守るために活動している日本生まれの国際協力NGOです。戦後の日本が実践してきた家族計画・母子保健の分野での経験やノウハウを途上国に移転してほしいという国際的な要望を受け、1968年に設立されました。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人ジョイセフ >
  3. 4月23日(日)「世界 本の日」にできること ~アフガン少女の識字力向上のために。日本全国からランドセルを募集中!~