日本人観光客にも大人気!台湾で行列のできる小籠包専門店「京鼎樓」がついに台湾3号店をオープン!

本場台湾の小籠包の名店「京鼎小館」と「京鼎樓」

台湾で行列のできる小籠包専門店「京鼎樓」。
台湾国内3号店となる『秀泰樹林店』を2018年6月下旬 台湾新北市内にオープン。

 

■京鼎樓とは
1997年、当時台湾で世界的に認められた点心専門店のトップ点心師をしていた陳兄弟が独立し、 台北市敦化北路に「京鼎小館」を開店。
その味の良さと丁寧な仕事が評判を呼び地元で愛される点心専門店となりました。その後2002年に台北市長春路に2号店「京鼎樓」をオープン。
瞬く間に台北在住の日本人の間でも口コミが広がり、美味しい小籠包を提供する店として日本人観光客もこぞって訪れる人気店となりました。

■日本では…
2005年3月日本1号店を恵比寿にオープン。
日本での店舗コンセプトは「小籠包カフェ&レストラン」。誰でも気軽に入れるようにお洒落な装いにまとめられた店内は、従来の「中華」のイメージを払拭し、女性お一人でもくつろいでいただけるような落ち着いたテイストにしております。日本国内では2018年6月現在11店舗を展開しております。
(恵比寿本店・そごう千葉店・そごう横浜店・池袋パルコ店・アクアシティお台場店・ららぽーと新三郷店・ミント神戸店・枚方T-SITTE店・KITTE博多店・HANARE店・アトレ浦和店)

■小籠包のこだわり
京鼎樓の小籠包は熟練した点心師が餡・皮ともに一からお店で手作りしています。
美味しさの秘訣は超薄皮で包んだコラーゲンたっぷりの豊潤スープと豚肉の餡。
京鼎樓の小籠包は、熟練した点心師の技を集結させ、選りすぐりの素材と独自の製法で蒸し上げております。
特長はなんといってもその旨みスープと餡を包む皮生地。蒸し上がった小籠包は中が透けて見えるほど『超薄皮』です。出来立てを熱々のまま頬張ると、中の薄皮からコラーゲンたっぷりの豊潤なスープと選りすぐりの豚肉の風味が口いっぱい広がります。

《3号店 秀泰樹林店 》
・住所:新北市樹林区保安里樹新路40-6号 樹林秀泰モール7F
・TEL :+886-02-2675-7711
・営業時間:11:00~22:30
・オープン日:2018年6月下旬予定

■既存店舗のご案内
《京鼎樓 台北本店》(中山駅より徒歩5分)
・住所:台北市長春路47号
・TEL :+886-02-2523-6639


《京鼎小館 台北本店》(南北東路駅より徒歩10分)
・住所:台北市敦化北路155-13号
・TEL :+886-02-2546-7711
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社デリコ・インターナショナル >
  3. 日本人観光客にも大人気!台湾で行列のできる小籠包専門店「京鼎樓」がついに台湾3号店をオープン!