日本を歩く外国人観光客に「江戸」を見つけて楽しんでもらえる、英語の江戸文化図鑑発売

英語版 素敵な江戸時代図鑑『The Illustrated Guide to The Fantastic Edo Era』

豊富なイラストで江戸の町から妖怪まで、幅広い文化を解説。
善養寺ススム:著 リン・ホブデイ:訳 入谷のわき書庵:刊
A5判 フルカラー208ページ ¥1,800+税 ISBN978-4-9910227-0-8

日本にあるたくさんの文化資源を世界中の人に楽しんでもらえるよう、新しい興味の窓口を創造する入谷のわきは、2018年9月13日、『英語版 素敵な江戸時代図鑑 Tha Illustrated Guid to The Fantastic Edo Era』を出版しました。

本書は、230年もの長い平和を維持し、様々な文化を発展させた江戸時代は現代の和文化の基礎です。日本を訪れる人々が町のあちらこちらで「江戸」を見つける楽しさを知ってもらいたいと本書を企画しました。
ターゲットは、日本を訪れる家族やアニメやマンガで日本文化に興味を持った方々です。豊富なイラストでどんな年代にもわかりやすく、構成されています。大人には日本人の思考や美意識など、子供やアニメ好きには、忍者や妖怪。全ての世代に向けて江戸の町を再現したイラストで、当時の町や商店の様子を細かく解説しています。

作者は江戸研究家でイラストレーターの善養寺ススム。『江戸の用語事典』『江戸の町とくらし図鑑』『江戸の女子図鑑』『江戸の妖怪図巻』などを手がけ、2018年9月には「デカ文字版」として江戸の町とくらし図鑑・続編『商店と養生編』を出版しました。
訳者には、Hyde, L’Arc-en-ciel, Soft Ballet, TM Revolution, Abingdon Boys Schoolなどの英語訳詞やオリジナル英語詞、ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」の日本語の作詞を手がけて来た日本在住のアーティスト、リン・ホブデイ(Lynne Hobday)を起用。いままでの和文化図鑑にないポップな仕上がりとなっています。
インパウンド向けの他、商用や訪問での海外へのお土産や、和文化を説明する英語学習にもお勧めです。

現在、博物館や美術館のミュージアムショップを中心に営業をしております。書店では紀伊國屋書店新宿本店・札幌店・広島店など洋書コーナーで販売されています。外国からの観光客が多く通る場所の書店・雑貨店での、インパウンドの取り込みを期待したいお店からの直販を伸ばしていきたいと考えています。また、2020年に向けて、世界中のお客様により親近感を持って日本文化を知っていただくために、多言語化を目標にしています。

(自社サイト http://www.nowaki.tokyo でも取り扱い)

表紙表紙

町の人々〜麹町照覧絵巻町の人々〜麹町照覧絵巻

町の人々〜コスメ町の人々〜コスメ

侍と城〜武士の着物侍と城〜武士の着物

侍と城〜日本刀侍と城〜日本刀

忍者〜忍者の武器と術忍者〜忍者の武器と術

妖怪〜屋敷に出る妖怪妖怪〜屋敷に出る妖怪

町の人々〜髪型町の人々〜髪型

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 合同会社入谷のわき >
  3. 日本を歩く外国人観光客に「江戸」を見つけて楽しんでもらえる、英語の江戸文化図鑑発売