虐待や貧困の中を生き抜く子どもたちの支え手を増やしたい!

「子どもの伴走者」を育成するNPO法人PIECESがクラウドファンディングでプロジェクトを開始

貧困や虐待の連鎖を予防する仕組みづくりを行うNPO法人 PIECES (本拠地:東京都渋谷区、代表理事:小澤いぶき、以下 PIECES)は、虐待や貧困、若年妊娠などの様々な事情を抱える子どもや若者を支援する担い手「コミュニティユースワーカー(以下、CYW)」を育成するためのクラウドファンディングを2016年11月1日よりクラウドファンディングプラットフォームREADYFORにて開始いたします。


▼ クラウドファンディングページ https://readyfor.jp/projects/pieces(11月1日の公開後のURL)
▼ PIECES公式ホームページ http://www.pieces.tokyo/
▼ CYW公式ページ http://www.pieces-cyw.net/
◆医療だけでは救えなかった子どもたちを、社会のなかで支えていきたい。


ー実親から虐待を受け、預けられた先の親戚からも虐待を受けて保護された子ども。
ー家の中に食べるものがなくなり、電気もガスも水道も止められ、誰にも関心を向けられることなく育児放棄されてきた子ども


代表小澤は、医師として13年間臨床に携わる中で、こういった様々な困難の中にいる子供たちに日々であってきました。
彼ら彼女らは、医療や福祉を一番必要とするときに、助けを求められないような孤立した状況にありました。そんな現実に直面し、取り返しのつかないことが起こる前に子どもたちを支えたい、そんな思いからPIECESを立ち上げ、CYWという「子どもの伴走者」の育成をはじめました。
 


◆子どもの貧困・虐待支援を、これまでにない新しいやり方で。
子どものイタリアン食堂、ゲーム制作・・・オーダーメイドの支援を拡げたい


身近な唯一の大人とのつながりが途絶えたとき、子どもたちは簡単に孤立します。様々な課題を抱えた子どもたちのそばに「つながりがない」ことも、事態を深刻にする要因となっています。そこで私たちはCYWという「子どもの伴走者」を育成し、子どもたち一人一人に合わせたオーダーメイドの支援を行っています。
オーダーメイドの支援では、10代のシングルマザー、引きこもり・不登校、高校中退者などの様々な課題に対して、通常の生活支援や、学習支援はもちろんのこと、さらにその子たちの生活の幅を広げていくために、興味関心に合わせて、イタリアン料理教室、プログラミング教室、バンド活動など様々な活動を行っています。


2016年5月よりCYW育成プログラムを開始し、1期生として8名のメンバーを迎えました。この半年間で支援した子どもたちは約190人になります。そしてこの度、2016年12月1日から半年間かけてCYW2期生を育成することになりました。2期生が加わることで、合計およそ400人の支援が可能となります。
今回は、その育成プログラムの拡大と基盤を整えるため、クラウドファンディングを開始することになりました。

 



今後の育成プログラムでは、社会活動家/法政大学教授の湯浅誠氏や、自殺ハイリスク者への支援を行うNPO法人OVA代表の伊藤次郎氏などの専門家をアドバイザー・研修講師として迎え、様々な角度から子どもたちを支援する土壌を作っていきます。また、連携する支援機関の開拓を行い、より多様な子どもたちへのオーダーメイド支援を行ったり、今後の事業拡大の基盤をつくる予定です。ご協力をお願いいたします。

■団体概要
団体名  : NPO法人 PIECES
代表者  : 代表理事 小澤いぶき
所在地  : 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-18 ビラ・モデルナA203
設立    : 2016年6月22日
活動内容: 課題を抱える子ども・ご家庭への包摂的支援活動

■本件に関するお問い合わせ先
担当者名:小澤・荒井
TEL    : 080-9447-1687Email  : pieces.tokyo@gmail.com

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NPO法人PIECES >
  3. 虐待や貧困の中を生き抜く子どもたちの支え手を増やしたい!