ホロラボがMR施設案内アプリケーション「ATL-MR」を共同開発

Mixed Realityを活用し、施設の魅力や研究員の姿を時空を超えて保存再生

株式会社ホロラボ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:中村薫)は、株式会社リクルートテクノロジーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘)が運営するオープンイノベーションスペース「アドバンスドテクノロジーラボ(以下:ATL)」向けにMR施設案内アプリケーション「ATL-MR」を、ATLと共同開発しました。

ホロラボロゴとATLロゴホロラボロゴとATLロゴ

「ATL(アドバンスドテクノロジーラボ)」は2017年6月にリクルートテクノロジーズが公開した無料の開発スペースで、先端技術を用いた開発を目指すエンジニア・クリエイターを“ATL客員研究員(会員)”として迎え、その開発を支援してきました。

今回ATLではMR(Mixed Reality:複合現実)に着目し、同技術を活用した客員研究員間の交流活性・拡大化を目指した企画をATL₋MRとして打ち出しました。

・ATL-MR全体のコンセプトムービ
https://vimeo.com/261243472

MR技術をメディアとして、客員研究員たちが共に革新的な価値を創りだす様々な施策が今後企画実行される予定ですが、その一部としてMR施設案内アプリケーション「ATL-MR」をホロラボと共同で企画開発しました。

■ATL-MR:MR施設案内アプリケーション
ATLにはHoloLensやVRヘッドマウントディスプレイ、ハイエンドPC、モーションキャプチャー用開発機材やクロマキー合成環境といった、MR開発を行うために必要な機材が取り揃えられています。それらの環境や、実際にATLで活動する客員研究員の肉声と姿をMRで紹介、再現する3Dコンテンツを開発しました。

ATL-MR着用時イメージATL-MR着用時イメージ

スタッフの3D映像からはウェルカムメッセージから、現地の配置や機材の使い方のガイダンスを聞くことが出来ます。

また、現地ATLの各所に配置された3Dの客員研究員のカケラが、あたかもその場にいるかのように、HoloLens着用者にATLの魅力や各自の活動内容を伝えます。このMR施設案内アプリケーション「ATL-MR」により、はじめてATLを訪れた人もその施設の魅力やATLコミュニティの価値を時空を超えて共感することが出来ます。

なお、同開発成果は3/22(木)に「MR技術による施設ガイダンス体験会」を開催し発表しましたが、今後新しくATL客員研究員となった皆様に順次ご体験を頂く予定です。

ATLでの利用イメージATLでの利用イメージ


■ATLと客員研究員への応募について

「ATL(アドバンスドテクノロジーラボ)」は2017年6月にリクルートテクノロジーズが公開した無料の開発スペースです。「ATL客員研究員」として事前審査等を要しない会員登録をしていただくだけで利用することができます。

「ATL客員研究員」登録を行うことで「ATL」が取り揃える機材や設備、環境を使ったMR開発を行うことが可能となります。

ご応募は下記リンク先をご参照ください。

https://atl-hiroo.recruit-tech.co.jp/

■ホロラボについて
ホロラボは2017年1月18日、Microsoft HoloLensの日本上陸のその日に設立された研究開発型の企業です。Windows Mixed Realityに代表される最新技術をいち早く使いこなし、より多くの人たちが体験出来るよう、調査研究、システム・アプリケーション開発、啓蒙活動を行っています。


正式名:株式会社ホロラボ
英語名:HoloLab Inc.
所在地:〒141-0031 東京都品川区西五反田2-25-1
資本金: 2,000,000円
代表者:中村薫 (代表取締役CEO)
設立日:2017年1月18日
ウェブ:http://hololab.co.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ホロラボ >
  3. ホロラボがMR施設案内アプリケーション「ATL-MR」を共同開発