スマホをかざすだけでテーブルオーダー可能な非接触式システム「CUONA」を飲食店初導入 都立木場公園内「Park Community KIBACO」にて運用開始!

~ IoTで注文・決済をスムーズに~ 

2020年8月25日

株式会社東急コミュニティー(本社:東京都世田谷区、社長:雜賀克英)は、8月7日都立木場公園内にオープンした「Park Community KIBACO」にて、株式会社コノル(本社:東京都千代田区、社長:溝田隆明、以下コノル)が開発した「CUONA(クオナ)」を活用した非接触式(NFC※)テーブルオーダーシステムを飲食店として初導入し、運用開始いたしましたのでお知らせいたします。
※ NFC 近距離無線通信(Near Field Communication)。 非接触ICチップを使って、かざすだけで
通信できる通信規格。おサイフ機能付きのスマートフォンや交通系ICに使われている技術。
 


都立木場公園内にオープンした「Park Community KIBACO」は、東京都が公募した「都立公園の多面的な活用の推進方策」の第1号案件です。公園の一画に、「レストラン&カフェ」「ファーマーズマルシェ」「ポップアップストア」の3つの施設を出店し、地域コミュニティの醸成に寄与することを目的に、飲食施設を中心とした地域の集いの場「パーク・コミュニティ」実現を目指しています。

このたび「レストラン&カフェ」において、コノルが開発した非接触式(NFC)プラットフォーム「CUONA(クオナ)」を活用したテーブルオーダーシステム「Favor」を飲食店として初導入しました。商品の注文の際は、スマートフォンをNFCシールにかざすだけで、テーブルに座ったままでオーダーから会計までを完了することができ、専用カウンターで商品を受け取るだけとなります。また、アプリを使えばご自宅から受け取り時間を指定して事前注文をすることも可能で、待ち時間の短縮にもつながります。
人手を介さず注文、決済が可能で、コロナ禍の課題である「非接触」「キャッシュレス」「混雑緩和」や、「人材不足解消」にも有効な仕組みです。

 


CUONAについて

 CUONAは、コノルが2019年5月に発売した、スマートフォンを使ったチェックインや商品の注文等をスムーズに利用できる仕組みを、店舗を持つオーナー様へ提供するIoT製品です。スマートフォンをかざすだけで店舗でのサービスを提供することができ、新しいこれからのIT施策として期待されています。(製品サイトhttps://cuona.io/
  ※「CUONA」は、株式会社コノルの登録商標です。
※「CUONA」および「Favor」は、コノルの持つ出願済み特許「PCT/JP2018/042195」を採用しています。

 当社は、全国でマンション管理、ビル・施設マネジメント、公共施設管理運営を行っている総合不動産管理会社です。マンションで34万戸、ビルで1,100件の管理実績があります。また、行政施設(指定管理者・PFI等)でのホールなどの文化施設・スタジアムなどのスポーツ施設や、空港関連施設など様々な用途の維持管理運営実績もございます。
本サービスについては、「Park Community KIBACO」での実績をもとに、コロナ時代の各種非接触化への応用など、当社が管理受託する他の施設での展開も検討していく予定です。今後も、お客様への安心、安全なサービスの提供、管理業の業務効率化に向けて、NFC等、最新のIoT技術を活用した様々な取り組みを推進してまいります。


<施設概要>
店舗名  :Park Community KIBACO
住所   :東京都江東区木場五丁目7地内(都立木場公園内)
営業時間 :午前8時~午後7時
定休日  :年末年始(12月28日~1月3日)
客席数  :62席(屋内:42席、半屋内:8席、屋外:12席)


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東急コミュニティー >
  3. スマホをかざすだけでテーブルオーダー可能な非接触式システム「CUONA」を飲食店初導入 都立木場公園内「Park Community KIBACO」にて運用開始!