アジレント・テクノロジー、未知の化合物の分析に最適なGC/Q-TOF 新製品を発表

分析性能を向上するとともに、独自機能を搭載した第3世代の装置

アジレント・テクノロジー株式会社(社長:合田 豊治、本社:東京都八王子市高倉町9番1号)は、食品および環境分析、ライフサイエンス研究、法医学、化学分析などを手がけるラボを対象とした新たな高分解能精密質量分析システム「Agilent 7250 GC/Q-TOFシステム」を発表します。
新製品「Agilent 7250 GC/Q-TOFシステム」は、ガスクロマトグラフィーと、新設計の低エネルギー EI(電子イオン化)イオン源搭載の四重極飛行時間型質量分析計を組み合わせたシステムで、ターゲット化合物、ノンターゲット化合物、未知の化合物の分析に適しています。 

新システムは、高分解能の精密質量 GC/MS と低エネルギーのイオン源を兼ね備えた唯一の商用製品です。

「Agilent 7250 GC/Q-TOF システム」の機能により、揮発性および半揮発性化合物をすばやく簡単に推定できるようになります。以前はこのような推定において、サンプル中の化合物を検出し判定するために、別の手法を利用するか、サンプル前処理に長い時間をかける必要がありました。7250では、低エネルギー電子イオン化によって、化学構造の解明を促進することができます。 

アジレントの質量分析部門バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるモンティ・ベネフィール (Monty Benefiel) は次のように語っています。

「7250 により、他の GC/MS テクノロジーでは正確に実行するのが困難な、さまざまな GC/MS分析が可能になります。1 回の分析で高速スキャンによる高分解能の正確な質量情報を求めるラボに適したシステムです。このような要求においては、四重極飛行時間型質量分析が向いています。」 

アジレントは、幅広い用途を対象とした定性分析および定量分析用途向けに、広範な GC/MS テクノロジーを提供しています。

アジレント・テクノロジーについて
アジレント・テクノロジー (NYSE:A)は、分析ラボ向け技術のグローバルリーダーです。50 年以上にわたる知見と技術革新にもとづき、機器、ソフトウェア、サービス、ソリューション、そして深い知識と経験により、お客様が抱えるきわめて困難な課題にも信頼できる答えをお届けします。2016 年度の売上高は 42 億米ドルでした。従業員は全世界で 13,000 人となります。アジレント・テクノロジーの情報は、以下のウェブサイトでご覧ください。
  http://www.agilent.co.jp

※このプレスリリース中の「アジレント・テクノロジー」、「アジレント」、「当社」は、文脈により、「アジレント・テクノロジーズ・インク」、その日本法人や各国の法人、グループ全体を指すことがあります。
 
マスコミ関係者の皆様: 技術、地域貢献、役員等に関連する情報は、以下のウェブサイトでご覧いただけます。
http://www.agilent.co.jp/newsjp



お客様からのお問い合わせ先
カストマコンタクトセンタ
電話:0120-477-111
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アジレント・テクノロジー株式会社 >
  3. アジレント・テクノロジー、未知の化合物の分析に最適なGC/Q-TOF 新製品を発表