【ウィルス不活化セミナー】深紫外光(UV‐C光)による細菌&ウィルス不活化に迫る!

注目の深紫外光製品開発企業(ウシオ電機 / ナイトライドセミコンダクター / 紫光技研)による解説

株式会社オプトロニクス社(東京都新宿区 代表取締役社長:大沢 哲夫)では,2020年6月16日(火),WEBセミナー『注目のUV-C(280nm以下)!細菌・ウィルスの不活化に迫る技術』を開催いたします。
ウィルスや細菌の不活化で注目を集める,波長280nm以下の深紫外線(遠紫外線,UV-C)の光源および製品を扱う話題の企業(ウシオ電機 / ナイトライドセミコンダクター / 紫光技研)による貴重な講演です。

 

 

コロナの第2波,第3波が警戒される中,波長280nm以下の深紫外線(遠紫外線,UV-C)による細菌やウィルスの不活化が注目を集めています。 対象物に非接触で使用でき,その効果も国内外の研究機関で確認されていることから,今後,様々な製品に搭載されていくことになるでしょう。

一方で,早くも市場にはUV-Cの搭載を謳った様々な製品が登場し、 その有効性についても実証がされてきています。

UV-Cを新たな産業として育てていくためには,正しい知識と情報が大きな後ろ盾となります。 そこで月刊OPTRONICSでは「UV-C光(280nm以下)による空気や水の殺菌&ウィルス不活化の最前線」と題したWebセミナーを企画しました。

講師には,コロナ以前よりUV-C光源および応用製品の開発に従事してきた第一人者に登壇していただきます。 アフターコロナの「あたらしい生活様式」において,UV-C技術は常識となっていくはずです。 この機会を逃さず,是非,貴社のビジネスに役立ててください。

---------------------------------------------------
□会期
2020年6月16日(火)12:50~15:40

【プログラム】

◎12:50~13:00
事務局からのご連絡

◎13:00~13:45
ひとにやさしい紫外線殺菌光源Care 222(222nmUV-C)の安全性確認とバクテリア,ウイルスの不活化効果の確認
−ウシオ電機(株) 五十嵐 龍志 氏

◎13:50~14:35
深紫外線LEDデバイスの現状と応用
−ナイトライドセミコンダクター(株) 村本 宜彦 氏

◎14:40~15:25
水銀フリー深紫外線UV-LAFi光源のデバイス技術と応用
−(株)紫光技研 平川 仁 氏

◎15:25~15:40
質疑応答

【配布資料】
月刊OPTRONICS 6月号PDF版 特集「紫外線光デバイス開発と実用化の期待」

【形態】
ZOOMを用いたWEBセミナー

【受講料】
¥26,400(税込)

【お申込み方法】Webサイトよりお申し込みください。
http://www.optronics.co.jp/seminar/uv-c.php
---------------------------------------------------
【問合せ先】
(株)オプトロニクス社 担当:加納,三島
Tel:(03)3269-3550
E-mail:seminar@optronics.co.jp
---------------------------------------------------
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オプトロニクス社 >
  3. 【ウィルス不活化セミナー】深紫外光(UV‐C光)による細菌&ウィルス不活化に迫る!