2020年7月10日(金)、ランクル・ハイエースのフレックスが兵庫県に「初」出店。「ハイエース神戸店」がオープン。

新型コロナ対策として注目の車中泊避難に対応したハイエースがずらり。

フレックス株式会社(本社:東京都港区北青山、代表取締役社長:藤崎孝行)は、2020年7月10日に、兵庫県一号店である「ハイエース神戸店」をオープンいたします。
◼️不思議なクルマ「ハイエース」を日本一売る会社 フレックスとは
フレックスはランドクルーザーハイエースという普通車の中でも特徴的な機能を有する車種のそれぞれの専門店を全国展開しております。今回、オープンする店舗が取り扱う「ハイエース」は、日本国内においては、商用車として長らく親しまれてきた車です。フレックスはこのハイエースに、オリジナルシートアレンジをはじめとする独自のカスタムを施すことで、キャンプに車中泊にさまざまな趣味車として多方面に活躍するファミリーカーとしてご愛顧頂いており、専門販売会社としての国内トップの地歩を固めてきました


◼️兵庫県は初出店。購入からアフターサービスまで一挙に引き受けます
フレックスのハイエース専門店としては、25店舗目となるハイエース神戸店。第二神明道路の玉津インターチェンジから175号線を車で南へ5分とアクセス良好です。本店では、ハイエースに精通したスタッフがお客様の要望に応じた最適な車やカスタムパーツをご紹介いたします。既にハイエースにお乗りの方にも目的やご予算に応じた最適なカスタムパーツのご紹介、車検、メンテナンスのご案内をいたしております。専門店だからこそできた精巧なFLEXオリジナルパーツと、専門店だからこそできるスタッフによるきめ細やかなメンテナンス、アドバイスを是非一度ご体験ください。店内にはキッズスペースもございますので、お子様連れのお客様も大歓迎です。 

 

 

◼️オープン記念イベントとしてハイエースのパーツ即売会を開催
オープン日の7月10日(金)〜7月12日(日)の期間、オープン記念パーツ即売会を行います。人気のハイエースのカスタムパーツを特別価格でご用意してお待ちしております。
 

 

◼️新型コロナで42%の人が検討する車中泊避難/フレックスのハイエースはエコノミー症候群のリスクを軽減
NPO法人「環境防災総合政策研究機構 環境・防災研究所」の調査によると、新型コロナで避難行動が変わると答えた方のうち、42%が車中泊避難をすると回答。実際の避難時に、車中泊を選ぶ人が一定数想定されます。
感染防止やプライベート空間を保つという点では利点がある一方で、一般的な乗用車での車中泊では狭い座席に長時間滞在するため、エコノミークラス症候群になるリスクがあります。
そんな事情を背景に、東北・東日本大震災以降、災害時の避難場所としてもご購入される方が多い車中泊仕様のハイエース。自宅に代わる居住空間としても、避難所へ一緒に行けないペットとのセーフスペースとしても、多くの方からご愛顧頂いております。今回の新型コロナウイルスの影響下においては、感染防止の待避所であることに加え、リモートワーク時におけるオフィス空間としての需要も増加しており、フレックスでは車中泊仕様のハイエースの増産を行なっております。このたび、新しくオープンする神戸店でも、これらの人気商品をご覧いただくことができるよう複数台ご用意しました。
<ハイエース神戸店でご覧になれるフレックス人気商品の一例>


<エコノミー症候群も安心なハイエースの車中泊仕様>

 

■FLEX ハイエース神戸店の概要
店名:FLEX ハイエース神戸店
店舗所在地:兵庫県神戸市西区森友4-19-1
開業日:2020年7月10日(金)
営業時間:10:00-19:00
定休日毎週水曜日(祝祭日の場合は営業)
所定の火曜日
※直近3ヶ月における水曜以外の定休日は、2020年8月11日(火)、2020年8月13日(木)、2020年9月8日(火)となります。
URL :https://www.flexnet.co.jp/hiace/h-shop/h-kobe(ハイエース神戸店専用ページ)
    https://www.flexnet.co.jp/ (フレックス公式サイト)
交通 : 第二神明道路の玉津インターチェンジから175号線を車で南へ5分



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フレックス株式会社 >
  3. 2020年7月10日(金)、ランクル・ハイエースのフレックスが兵庫県に「初」出店。「ハイエース神戸店」がオープン。