スリーシェイク、企業の持続可能なDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援する「Reckoner Professional Service」の提供を開始

Reckonerと Google Cloud Platform™ を活用し、データ基盤のアーキテクチャ設計から構築・運用までをサポート。企業の持続可能なDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援。

■概要
Google Cloud Platform (以下 GCP™ ) の Build パートナーである株式会社スリーシェイク(本社:東京都千代田区、代表取締役:吉田拓真)は、同社が提供するデータ連携プラットフォームReckoner(レコナー)と GCP を活用して、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援する「Reckoner Professional Service」の提供を開始します。

 

データの収集から加工、蓄積、そして分析まで、データをビジネスに活用するプロセスを一気通貫で実施できるデータプラットフォーム全体をアーキテクチャーから設計・構築することで、企業が自走してDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組めるための環境構築を支援します。

 

 



■Reckoner Professional Serviceを提供する背景
    経済産業省が発表した「DX(デジタルトランスフォーメーション)レポート」によると、各社DXの重要性は理解しているが、既存システムが「複雑かつ密結合」されているため、市場の変化に対応できないといった課題を抱えています。また従来型の「属人的かつブラックボックス」なシステム開発により、多くの技術的負債を抱え、かつ維持管理費が高額化し、さらには「IT人材の不足」によりベンダー企業に頼らざるを得ない現状についても指摘しています。今後DXを推進していくにあたって、より実現すべきものとして、「スピーディーな変化への対応力」を挙げています。
    そこで、スリーシェイクは、自社で提供するデータ連携プラットフォームであるReckoner(レコナー)と GCP を組み合わせることにより、柔軟かつ拡張性の高いデータプラットフォームの構築することで、企業が自走でき、かつ持続可能なデータ活用組織の立ち上げを支援する「Reckoner Professional Service」の提供を開始します。
※「DX(デジタルトランスフォーメーション)レポート」(経済産業省)についてはこちら
https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/digital_transformation/pdf/20180907_03.pdf

■サービス概要
    On-Premise、クラウド、または外部サービスなど、企業内に存在する様々なデータの統合から、加工・蓄積、そして分析まで、データ活用に必要なプロセスをアーキテクチャーの設計から環境構築まで支援します。

1. ビジネス課題のヒアリング
    企業が保有するデータソースの種類や量から現在のデータ活用状況までヒアリング。事業および経営課題からデータ活用方針についてディスカッションを実施する。

2. アーキテクチャー設計
    データの収集、加工・蓄積、そして分析まで、エンドツーエンドなデータ基盤の全体アーキテクチャを設計する。

3. Reckoner と GCP 環境構築
    Reckoner(レコナー)を用いたデータ連携や加工のためのデータパイプラインの構築を行う。また、Reckonerと GCP(Google Cloud Storage™、BigQuery™)を連携させたデータプラットフォームを構築する。さらに、本番データを用いたデータマイグレーション作業など。

4. 分析
    ヒアリングで抽出した課題に対して、いくつか分析軸を設定し、データポータルで分析レポートを作成。オプションとして、GCP の機械学習製品(AutoML Tables, BigQuery ML)を活用した機械学習モデルの作成をサポート。
 

Reckoner と GCP を活用したデータプラットフォームの構築にご関心がある方は以下のサイトよりご連絡ください。
https://www.reckoner.io/

■Reckoner(レコナー)について
    Reckoner(レコナー)は、スリーシェイクが提供するオンプレミスからクラウドサービスまで、様々なデータを連携させることが可能なクラウドネイティブなデータ連携プラットフォーム(Data Integration Platform as a Service)です。
    データ整備に欠かせないETL/ELTやデータパイプラインなどをノンプログラミングで実現し、従来エンジニアが必要とされていた開発・運用コストを大幅に削減できます。


■スリーシェイク概要
会社名:株式会社スリーシェイク 
所在地:東京都千代田区東神田1-11-14トーシン東神田4F
代表取締役:吉田拓真
事業内容: SRE特化型コンサルティング事業、データ分析プラットフォーム「Reckoner(レコナー)」の運営
コーポレートサイト:https://3-shake.com/
SRE特化型コンサルティング事業「Sreake(スリーク)」:https://sreake.com/
データ連携プラットフォーム「Reckoner(レコナー)」:https://www.reckoner.io/


■リリースに関するお問い合わせ先
株式会社スリーシェイク ビジネスデベロップメント担当
東京都千代田区東神田1-11-14トーシン東神田4F
Email: business@3-shake.com
(※)Google Cloud Platform、GCP、BigQuery および Cloud Storage は、Google LLC の商標です。
  1. プレスリリース >
  2. 3-shake >
  3. スリーシェイク、企業の持続可能なDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援する「Reckoner Professional Service」の提供を開始