「MIMS Automechanika Moscow 2017」において幅広いアフターマーケット製品を紹介

日立オートモティブシステムズ株式会社(社長執行役員&CEO:関 秀明/以下、日立オートモティブ  システムズ)のアフターマーケット事業を管掌する市販事業部と、欧州市場を中心に自動車用補修部品の製造・販売を行っているグループ会社の日立オートモティブシステムズエスペルカンプ GmbH (Managing Director : Christian Westerkamp/以下、日立オートモティブシステムズエスペルカンプ)は、8月21日 (月)から8月24日(木)までロシア連邦(以下、ロシア)のモスクワ市にあるエキスポセンターで開催される「MIMS Automechanika Moscow 2017 (以下、MIMS 2017)」に出展し、日立オートモティブシステムズグループの幅広いアフターマーケット製品を紹介します。

 

ブース外観イメージブース外観イメージ

日立オートモティブシステムズグループは、長年にわたる自動車機器の開発で培った技術を生かした アフターマーケット事業を強化しており、パワーステアリングポンプやショックアブソーバー、ブレーキパッド など、地域毎の需要にお応えする製品をグローバルで展開しています。

ロシアでは、自動車ローン金利補助制度などの政府支援プログラムの影響等により、新車需要の回復が見込まれている他、中古車需要も伸長するなど、自動車需要の更なる伸長が見込まれており、これに伴い、アフターマーケット製品の需要拡大が見込まれています。日立オートモティブシステムズグループは、ロシアにおけるアフターマーケットの事業基盤を更に強化するため、潜在顧客を開拓し、拡販を推し進めています。その事業推進において、アフターマーケット市場における認知拡大と、プレゼンス向上が重要となっており、モスクワ市で開催され、40ヶ国から1,000社以上が参加を予定している、国際的なアフターマーケット製品の見本市である「MIMS2017」に出展します。この出展を通じ、ロシアでの自動車部品のアフターマーケットにおいて、日立オートモティブシステムズグループが展開する製品ブランドの認知向上を図ります。

本展示会で、日立オートモティブシステムズと日立オートモティブシステムズエスペルカンプは、ブース番号F643に出展し、日立オートモティブシステムズグループが展開しているアフターマーケット市販製品の幅広いラインナップを紹介します。

■出展製品一覧
高圧ポンプ(プランジャー含む)   
インジェクター
スロットルボディ
イグニッションコイル
エアフローセンサー
カム/クランクシャフトセンサー
ブロアファンレギュレーター
ABS*センサー
スターター
オルタネーター
レギュレーター
ウォーターポンプ
クラッチ
ブレーキパッド
ショックアブソーバー
* ABS: Anti-lock Brake System

■会社概要
日立オートモティブシステムズ株式会社
本 社:東京都千代田区大手町二丁目2番1号 新大手町ビル
事業内容:自動車部品および産業用機械器具・システムの開発、製造、販売およびサービス
以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日立オートモティブシステムズ株式会社 >
  3. 「MIMS Automechanika Moscow 2017」において幅広いアフターマーケット製品を紹介