さい帯血保管の新プラン開始のお知らせ

2017年8月2日
さい帯血保管新プラン開始のお知らせ

民間さい帯血バンクの株式会社ステムセル研究所(本社:東京都港区 代表取締役:清水崇文)は、4万名を超える赤ちゃんの「さい帯血」をお預かりしており、国内シェアは約95%となっております。さい帯血を用いた再生医療では、小児期の疾患から成人へと対象研究の発展が期待されており、これを受けてステムセル研究所は、2017年8月1日(火)よりさい帯血保管の新プラン「アドバンスドプラン」をリリースしましたので、お知らせいたします。
「アドバンスドプラン」は、国際水準の品質管理を行い、さらに長期の保管費用を抑えたプランです、今回、株式会社オリエントコーポレーションの提携により、月々4,200円からの分割払いが可能となりました。
ステムセル研究所は、厚生労働省(関東信越厚生局)より、再生医療等安全性確保法に基づく特定細胞加工物製造許可を受けており、引き続き、確実なさい帯血の保管サービスをご提供してまいります。

<アドバンスドプラン>(金額は全て税抜となっております)
・ご契約料金 
分離費用(初回のみ) 140,000円
検査関連費用(初回のみ)  30,000円
初期登録費用(初回のみ)  20,000円
保管費用(1年間)※    5,000円
合計 195,000円

・初回ご契約料金には、1年間の保管費用が含まれます。
・オリコWebクレジットのご利用により月々4,200円からの分割払いが可能です。


《 10年・20年の長期一括保管もお申し込みいただけます 》
・10年保管の場合は、保管費用※に+ 45,000円
・20年保管の場合は、保管費用※に+ 95,000円

・保管更新費用(保管期間の更新が可能です)

 1年保管 6,000円
10年保管 51,000円
・保管更新費用には、更新手数料1,000円が含まれます。

(ご参考)
※分離費用:採取されたさい帯血は、ご出産より48時間以内に当社の分離センター(関東信越厚生局より再生医療等安全性確保法に基づく許可取得)に搬入され、幹細胞を分離・保管いたします。
※検査関連費用:将来保管したさい帯血が安全かつ確実にご利用できるために、米国血液銀行協会(AABB)の基準に基づいた、出産時の母体血の感染症検査を行っております。検査項目は、B型肝炎ウイルス検査・C型肝炎ウイルス検査・エイズウイルス検査・ヒトT細胞白血病ウイルス検査・サイトメガロウイルス検査・梅毒検査です。また、さい帯血の検査も実施いたします。
※初期登録費用:細胞分離、検査結果等、必要な情報を当社お客様データベースへご登録いたします。当社情報システムはプライバシーマーク(日本工業規格「JIS Q15001 個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」に基づき、個人情報について適切な保護体制を整備している事業者を認定し、その証としてプラシバシーマークの使用を認める制度)に基づいて運用されております。
※保管費用:初年度1年間の保管費用です。更新に際しては、事前にご案内をお送りさせていただきます。

 

【企 業 情 報】
株式会社ステムセル研究所
設立年月日 : 1999年8月5日
代表取締役社長 : 清水 崇文(しみず たかふみ)
資本金 : 3億7,482万円
本社 : 東京都港区新橋
グループ会社 : 日本トリム(東証1部上場)
企業ホームページ : http://www.stemcell.co.jp/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ステムセル研究所 >
  3. さい帯血保管の新プラン開始のお知らせ