特殊ICO、「プロダクト・クラウドセール」のコンセプト提案のお知らせ

プロダクトリリースと資金調達

現在、トークンエコノミーの事業者に対し、行政は利用者保護と市民意識を要請しています。この要請は規制という形で表れ、事業や市場との摩擦を引き起こしていますが、これに対応する暗号学的な仕組みと規格を提案いたします。

仮想通貨による経済圏の創出、「トークンエコノミー」という展望は今、ICOを筆頭に懐疑的な意見に晒され、規制を受けています。ブロックチェーンや仮想通貨をインフラとして受け入れるか否か決める社会の側としては、これに安定を求めるため、この規制はごく自然な行政の反応とも言えるでしょう。

 

このような状況において、行政・規制当局の軟化を待つことでは、達成されるものはないと考えられます。事業者やエンジニアが対応し、システムを改良する必要があるように思われます。

 

まず以下の文章をお読みください。

プロダクト・クラウドセールのコンセプトの提案です。

https://goo.gl/ruwUQ6

 

これは、非代替トークンとよばれる仮想通貨のデータ形式の拡張を行ったものを用いて、ICOの消費者保護上の欠点を解決したものです。

 

ここで使われる非代替トークン、PCS規格の特性として以下のことが挙げられます。
①サイト・セキュリティへの信頼必要性が少なく、安全
②商品・権利に流動性があり、経済的損失を受けにくい
③秘密鍵の紛失に対し、暗号学的な対策がされている
④ICOのような複雑な循環がなく、価格の算出が容易
⑤仮想通貨ではなく、法的問題が少ない

 

このホワイトペーパーはドラフト版であり、まだ多くの議論の余地を残しております。仮想通貨コミュニティの中での議論により発見・解決を待つ問題が多く存在すると考えられます。それらは、提起者よりも多くのことを知る人による批判を待っております。

 

今後の予定として

リーガル・オピニオンの受け取り、添付を7月中、

実装コードのアップロードを8月中に予定しております。

また、提起者チームによるプロダクト・クラウドセールによるセキュリティソフトの販売を10月に予定しております。

 

以下提起者への連絡方法を記しておきます。

Slackへの参加

https://t.co/Z74kKuN7SB

 

①コンセプトから実装コードまでの幅広い領域について

Geomerlin Systems社 日置玲於奈への連絡方法

TwitterでのDM: https://twitter.com/leo_hio

このアカウントはお世辞にも知的なものではありませんが、常時暗号とセキュリティについて発信しており、DMチャンネルが開いており最も速く連絡がとれます。

E-mail :leona.hioki○laurus-school.com あるいは amediamonitor○gmail.com 

○を@に置き換えて下さい。

 

②実装コードのみの領域について

京都大学理学部 昼間輝一への連絡方法

hiruma.kiichi.72n○st.kyoto-u.ac.jp

○を@に置き換え下さい。

 

         



 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 Geomerlin Systems >
  3. 特殊ICO、「プロダクト・クラウドセール」のコンセプト提案のお知らせ