ライブ配信アプリの新たなあり方、「ライブ配信+視聴者参加型クイズ」

配信者だけが参加できるアプリの時代はもう終わり!ライブ配信アプリは次のステージへ

1.背景 「配信者だけじゃなく、観る側も参加できるクイズゲーム」
2.由来 「アメリカで大人気のライブ配信番組が日本へ?!配信者と視聴者で賞金を山分け」
3.ゲームルール 「2018年ライブ配信アプリで新しい遊び方!配信を楽しみながら賞金をゲット!」
4.将来の展望 「クイズで広がる、ライブ配信の輪」
Newestage(HK)Limited(本社:香港)とNewestage株式会社(本社:渋谷)のNewestaegグループは、

2018年1月18日より「ライブ配信」と「クイズ番組」を掛け合わせた「視聴者参加型ライブ配信クイズ」STAGERクイズを同アプリ内でリリース。視聴者が毎回1000人を超えるキラーコンテンツとなりました。
 


1.背景
日本では2018年から、全12問のクイズに正解すれば誰でも賞金を山分けできる視聴者参加型クイズゲームが流行り始めています。このような形式のクイズゲームはライブ配信アプリに基づいた、配信者と視聴者がともに参加できる仕組みとなっております。

2.由来
日本では2017年から携帯端末でのライブ配信が流行り始めており、「ユーチューバー」をはじめとした、「配信者」になることを夢みる若者は増え始めています。ブームとなった理由として、ライブ配信で才能を披露することや、友人やファンの獲得、高収入(人気配信者の月給が何百万円に達す可能性はある)などが挙げられます。

参加型クイズアプリのモデルは2017年に米国で大人気を集めた「HQ Trivia(HQトリビア)」という、毎日ライブ配信でトリビアゲームを提供する無料のiOSアプリです。2018年から米国だけではなく、中国、日本、インドネシア、タイなど世界各地で参加型クイズアプリは爆発的に人気が出ています。

3.ゲームルール(参加方法)
ライブ配信アプリ「Stager Live」が1月中旬から始めた毎日10万円賞金山分けクイズ番組「STAGERクイズ」。「Stager Live」のユーザーであれば、誰でもクイズ番組に参加することができます。

①   制限時間10秒の3択問題、計12問に全問正解することで賞金を山分け!
山分けされた賞金をAmazonギフトカードに換金することができます。(換金は500円単位)

②   また、自分の招待コードを友人にシェアすると、自分も友人もチャレンジチケット(間違えてしまっても復活することができるアイテム)を獲得することができます。

③   一回のゲームにつき、最大二枚までチャレンジチケットは使用可能です(最後の問題の場合はチャレンジチケットを使用できない)
 

実際のクイズ画面実際のクイズ画面


4.将来の展望
みんなで囲んでわいわい参加できる上に、賞金があるため、多くのユーザーが、友人や家族を招待して意欲的に参加されていることが確認できております。現在設定している賞金は10万円ですが、全問正解者がいない場合には賞金が次のゲームに繰り越されるため、賞金が数十万にも、百万にも達する可能性がございます。この点が一番の目玉です。

問題が難しい場合、正解者が少人数になるため一人当たり数万もの賞金を獲得できる可能性もあります。一方で、問題が簡単で何百人もの正解者がいる場合、一人当たりの賞金が数百円になることもございます。賞金をもらえることで参加者は参加意欲が強まり、チャレンジチケットを手に入れるため、友人を招待したくなるという輪が広がります。

こうしたアプリユーザーの増加、コンテンツの充実という両面に作用するような展開を狙い、”ライブ配信アプリの次の形”の開発を進めてまいります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Newestage株式会社 >
  3. ライブ配信アプリの新たなあり方、「ライブ配信+視聴者参加型クイズ」