オンライン結婚式準備サービス‟Choole”を運営する株式会社リクシィが第三者割当増資により約1.6億円の資金調達を実施

スクショを送るだけで式場ドレスが見つかる、スクショリコメンド開始

株式会社リクシィ(本社:東京都中央区、代表取締役:安藤正樹、以下 リクシィ)は、2019年4月8日XTech Ventures株式会社(本社:東京都中央区、共同創業者:西條晋一・手嶋浩己) 、SMBCベンチャーキャピタル4号投資事業有限責任組合 (本社:東京都中央区、代表取締役:石橋達史)、個人投資家8名を引受先とする第三者割当増資により、プレシリーズAラウンドとして、約1.6億円の資金調達を実施しました。これにより、資本金は合計2億7,162万円(資本準備金含む)となります。
 インターネットの普及により、結婚式に対する価値観も大きく変化し、自分たちらしい結婚式を重視するユーザーが増加する中、リクシィでは、ウエディングドレス、ヘアメイクなどの必要なアイテムを自分の好みで選んだ上で、結婚式場を決められる業界初のオンライン結婚式準備サービス「Choole(チュール)https://choole.jp/」の提供などを行っています。リクシィは、今回の資金調達でChoole(チュール)の中長期的なサービス運営体制を強化します。また、今後はユーザーの嗜好に合わせた結婚式場やドレス、ショップ、クリエイター等をAIにより提案できる新機能の開発を目指し、スクショを送るだけでそれにあった結婚式場やドレスが提案される、Chooleスクショリコメンドを開始します。
 

 


■XTech Ventures手嶋浩己氏からのコメント
「ウェディングの領域に長期でコミットする覚悟を決めている安藤さんが、複数の事業を作り上げながら1つ1つ本産業の負を解決し、業界切ってのリーディングカンパニーを創造していくはずだ!というイメージを持って今回投資させていただきました。期待しています!」
 

 

■ リクシィについて
リクシィは、「ネットとリアルで新しい価値を」を理念とし、「世界中のオールドビジネスをニュービジネスに」をビジョンに掲げ、「ブライダル業界の構造改革・結婚式であふれた世界を創る」をミッションに2016年5月に設立しました。
「Choole(チュール)」、 “元プランナーが厳選!提案型の結婚式相談カウンター”「gensen wedding(ゲンセンウエディング)」を提供するウエディングプラットフォーム事業、ブライダル企業の事業をサポートするブライダルコンサルティング事業、ブライダル特化の人材紹介サービス「リクシィキャリア」などを提供するブライダルビジネスサポート事業を柱に展開しています。中でも「gensen wedding」は、サービス開始以来350組以上の結婚式のプランニングを手掛けています。

 



<会社概要>
商号    : 株式会社リクシィ
代表者   : 代表取締役社長 安藤 正樹
所在地   : 〒104-0061 東京都中央区銀座7-15-4 三島ビル6F
設立    : 2016年5月
資本金   : 2億7,162万円(資本準備金含む)
URL     : http://rexit.co.jp/
事業内容   : 
・ウエディングプラットフォーム事業
gensen wedding https://gensenwedding.jp/
Choole         https://choole.jp/
・ブライダルコンサルティング事業
リクシィブライダルコンサルティング https://consulting.rexit.co.jp/
・ブライダルビジネスサポート事業・人材紹介事業
リクシィキャリア https://career.rexit.co.jp/

<代表略歴>
2003年京都大学法学部卒業。
2001年より創業メンバーとして参画した株式会社ドリコムで、営業担当取締役として、新規事業、事業拡大、営業部門のマネジメント全般を担当し、東証マザーズ上場に貢献。
2009年、株式会社エスクリに入社し、東証マザーズ上場を経験後、取締役事業本部長に就任し、東証一部指定替に貢献。
2016年5月、株式会社リクシィを創業。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リクシィ >
  3. オンライン結婚式準備サービス‟Choole”を運営する株式会社リクシィが第三者割当増資により約1.6億円の資金調達を実施