ハイパーパフォーマンス時計ブランド『Gorilla (ゴリラ)』

スイスのヴォーシェ社と共同開発した「ワンダーリング・アワー」機構を搭載した最新モデル、 DRIFT (世界250本限定) を2019年2月16日より発売

 

G&Rジャパン株式会社は、ハイパーパフォーマンス時計ブランド『Gorilla(ゴリラ)』とスイスのマニュファクチュール、「ヴォーシェ・マニュファクチュール・フルリエ社」が共同開発した『Gorilla (ゴリラ)』初の複雑機構モデル 、[The FASTBACK GT] DRIFT(世界250本限定) を発表致します。

これまでになかったハイパーパフォーマンス時計をコンセプトにスイス3大高級時計ブランドの元チーフデザイナーが立ち上げたブランド、『Gorilla(ゴリラ)』。

この度、「ヴォーシェ・マニュファクチュール・フルリエ社」の開発責任者である日本人時計師、浜口尚大氏と共同開発した DRIFT (世界250本限定) は「ワンダーリング・アワー」機構を搭載。
モジュールは数字の付いた3枚のアワーディスクがそれぞれ回転しながら120度の角度で文字盤上部のミニッツを刻み込むのが最大の特徴。
17世紀に初めて導入されたこの「ワンダーリング・アワー」機構のコンプリケーションを
『Gorilla(ゴリラ)』の特徴である異素材を組み合わせながらコンテンポラリーに仕上げた最新モデル。
 




THE TEAM COLLABORATION

オクタヴィオ・ガルシア
​Octavio Garcia

米国シカゴ生まれ。70年代と80年代のアメリカで幼少時を過ごしたことにより、アメリカのポップカルチャーは自身のデザインに対する情熱に多大な影響を与えた。スイスにあるアートセンター・カレッジ・オブ・デザインでプロダクトデザインを学び、オルロジュリーに対する情熱はそこから始まった。時計デザイナーとしてのキャリアは、1999年にオメガからスタートし、2003年からオーデマ ピゲでデザインキャリアを続けた。2010年にはチーフ・アーティスティック・オフィサーとしてブランド全体のクリエイティビティを統括。
 

 





ルーカス・ゴップ
Lukas Gopp

オーストラリアのフォアアルルベルグで生まれ育つ。ミラノにあるヨーロッパ・デザイン学院とクリエイティビティアカデミーでインスタリアルデザインを学ぶ。2003年に卒業して、セクタースポーツウォッチメーカーであるセクターグループでの仕事がきっかけで時計デザイナーとしてのキャリアをスタート。その後、IWCシャフハウゼン、ラルフローレン・ウォッチ&ジュエリー、オーデマ ピゲなど世界で最も有名な時計メーカーでのキャリアを経験。







 

浜口尚大
Takahiro Hamaguchi

1977年、山口県下関市生まれ。高校時代から時計師を目指し1996年にスイスへ渡る。ヴァレ・ド・ジュウ及びル・ロックルの時計学校卒業後、2004年にオーデマ ピゲ(ルノー・エ・パピ)に入社し、設計師として複雑ムーブメント開発に携わる。2008年、ル・ブラッシュにあるオーデマ ピゲ本社に移籍し、ムーブメント設計課長に着任。その後、2012年10月にハイエンド・ムーブメントの開発、製造で名立たるヴォーシェ・マニュファクチュール・フルリエに移籍し、プロダクツの要となるムーブメント開発部長を務める。2016年より製造、開発担当副社長。






[FASTBACK GT COLLECTION]
DRIFT (ドリフト)

『Gorilla(ゴリラ)は、スイス北西部ヌシャテル州の町、クレシエに拠点を置く時計ブランドです。
2016年、オーデマ ピゲの元チーフ・アーティスティック・オフィサーのオクタヴィオ・ガルシア(Octavio Garcia) とシニアデザイナーであったルーカス・ゴップ (Lukas Gopp) によって設立されました。二人合わせて30年にわたる時計業界での総合的な経験をもとに設立された『Gorilla(ゴリラ)は、時計作りへの深い情熱とエレガントでありながらもやんちゃで、感動を与えるオルロジュリーを世に出すという絶え間ない追求によって突き動かされています。
[THE FASTBACK GT] DRIFT (ドリフト) のワンダーリング・アワー機構は、世界をリードするスイスのムーブメントメーカー、ヴォーシェ・マニュファクチュール・フルリエ社とのチームコラボレーションによって誕生しました。その開発に携わっているヴォーシェ・マニュファクチュール・フルリエ社の開発責任者である日本人時計師、浜口尚大氏は有能な時計集団「ルノー・エ・パピ」に唯一加わった日本人時計師です。
『Gorilla(ゴリラ)』とヴォーシェ社は高級時計に相応しい技術に優れ、かつ感情に訴えるような次世代のコンプリケーションのデザイン・製造を目指して、一緒になって挑戦しました。DRIFT (ドリフト)のために開発されたワンダーリング・アワー機構のキャリバー Gorilla5238は17世紀に初めて導入されたこのワンダーリング・アワー機構のコンプリケーションを『Gorilla (ゴリラ』の特徴である異素材を組み合わせながらコンテンポラリーに仕上げ、最高のユーザー・エクスペリエンスを求めています。
『Gorilla (ゴリラ)』 [THE FASTBACK GT] DRIFT (ドリフト)は世界250本限定。次世代の時計コレクターのために特別に開発しました。



[FASTBACK GT DRIFT] SPECIFICATION

■ケースマテリアル:多層仕上げフォージド・カーボン、アノダイズド・アルミ、チタン、セラミック
■ブレスレット:バイカラー・バイトン・ラバーストラップ
■バックル:チタン
■キャリバー:ETA2824-2,自動巻(パワーリザーブ38時間)、毎秒8振動/毎時28,800 振動
■モジュール:ワンダーリング・アワー機構搭載
(スイスのヴォーシェ・マニュファクチュール・フルリエ社による設計及び開発)
■ファンクション:ワンダーリング・アワー機構による「時」・「分」表示、秒針
■防水機能:100メートル/330フィート/10ATM
■ケース幅:44mm、48.5mm (クラウンガード含)
■厚さ:14mm
■サファイア・クリスタル:両サイド反射防止加工、耐スクラッチ
■クラウン:スクリュー・ダウンによる防水機能
■ウェイト:130グラム(ストラップ、バックル含)
■予価:¥580、000(税別)、¥626、400(税込)
■日本発売:2019年2月16日(予定)

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. G&Rジャパン株式会社 >
  3. ハイパーパフォーマンス時計ブランド『Gorilla (ゴリラ)』