CrowdStrike、エンタープライズセキュリティ改革に向けて、サードパーティ製アプリケーションに対してエンドポイント保護プラットフォームを開放

CrowdStrike Storeが提供するセキュリティ業界初のベンダーの壁を超えたシングルクラウドエクスペリエンスを通じて、セキュリティスタックの最適化と脅威からの保護の向上を可能に

米国時間2019年2月5日にCrowdStrike, Inc.が発表したプレスリリースの抄訳です

カリフォルニア州サニーベール - 2019年2月5日 — クラウド型エンドポイント保護の業界リーダーであるCrowdStrike® Inc.は本日、サードパーティ製アプリケーションに対してCrowdStrike Falconプラットフォームを開放するCrowdStrike Storeの提供開始を発表しました。サードパーティアプリケーションもシングルエージェント、シングルクラウドで提供されるエコシステムを実現する、初のクラウドネイティブセキュリティソリューションです。CrowdStrike Storeによって顧客は、エージェントを追加したり他のインフラストラクチャを管理したりする必要なく、Falconプラットフォームから信頼済みのパートナーアプリケーションやアドオンを見つけ、試し、購入し、導入することができます。セキュリティテクノロジーを提供するサードパーティは、エンドポイントエージェントやクラウドプラットフォームの構築、維持、サポートに悩まされることなく、より迅速にイノベーションと新たな能力を市場に提供することができます。

何年もの間、サイバーセキュリティ上の固有の課題にそれぞれ対処するには、それぞれに新規ソフトウェア、エージェント、そしてプラットフォームの導入が発生していました。CrowdStrike Storeが実現するのは、信頼済みのアプリケーションで構成されるセキュリティクラウド初の統合型のエコシステムです。企業向けにカスタムビルドされた単一のクラウドプラットフォームで管理されたベンダーやセキュリティ技術からの選択肢を提供するとともに、エージェントの集約化というメリットをもたらします。

CrowdStrike Storeは、セキュリティクラウドの能力をスケールとテレメトリーの両面で活用し、アプリケーションをより早く、よりスマートに、より効果的なソリューションとして提供します。CrowdStrikeの既存顧客は、厳選されたサードパーティ製アプリケーションにシームレスにアクセスし、これらを導入できるため、CrowdStrike Falconプラットフォームに対する投資効果をさらに最大化することができます。ユーザーエクスペリエンスを最適化できるよう、CrowdStrike Storeではアプリケーションは分類され、階層化されています。またこのエコシステム内において、お客様向けのCrowdStrikeアプリケーションの無料トライアルを提供しています。

CrowdStrikeの共同創設者かつ最高経営責任者(CEO)であるジョージ・カーツ(George Kurtz)は次のように述べています。「CrowdStrike Storeは、CrowdStrike Falconのスピードと効率性を通して顧客企業のセキュリティに革命を起こすべく作られています。CrowdStrikeのクラウドセキュリティプラットフォームは優れたツールとアプリケーションから成る包括的なエコシステムであり、顧客はより良いセキュリティスタックの設計、新しいリソースのシームレスな展開や管理を実現することができます。これらはすべて、Falconプラットフォームを通じて行います。Salesforceが市場にもたらしたイノベーションと同様に、CrowdStrike Storeもまた、セキュリティ業界全体におけるセキュリティツールの導入と統合のあり方に革命をもたらすでしょう」

信頼済みのパートナーとなれば、自社のアプリケーションやアドオンをCrowdStrike Storeの単一のユーザーインターフェースを通じてCrowdStrikeの顧客に効率的に販売することができます。これにより価値創出までの期間を短縮し、新たなビジネスチャンスを見いだせます。

Intersetの最高経営責任者(CEO)であるマーク・スミアロヴィチ(Mark Smialowicz)次のように述べています。「IntersetとCrowdStrikeの戦略的なパートナーシップを通じて、セキュリティチームは、エンドポイントデータを新しい角度から見ることができ、脅威の特定と対応が容易になります。IntersetもCrowdStrikeも、AIやUEBA(user and entity behavioral analytics)を活用して重大な脅威を特定し、対応のプライオリティ付けを行う重要性を理解しています。IntersetのUEBAをCrowdStrikeのクラウドネイティブアーキテクチャ、そして豊富なエンドポイントデータと組み合わせることで、顧客は通常とは異なる、リスクを伴う振る舞いをダメージを受ける前に迅速かつ正確に特定することにより、価値の高い情報を守ることができます。

TrueFortの最高経営責任者(CEO)であるサミー・マルフォートラ(Sameer Malhotra)次のように述べています。「企業は、ビジネス活動をミッションクリティカルなアプリケーションに依存しているにもかかわらず、セキュリティが不十分なことが多いのです。TrueFortとCrowdStrikeとの戦略的なパートナーシップを通じて、共通の顧客に対してCrowdStrike Falconプラットフォームが持つ能力を活用し、TrueFortのアプリケーションを通じてアプリケーションの振る舞いを理解し、異常な振る舞いや内部あるいは継続的な脅威の痕跡に対するアラートをあげ、ネットワークのマイクロセグメンテーションを行うことを可能にしています。これらはエージェントや追加のインストールを必要としません。CrowdStrike Storeのローンチパートナーとしてエンドポイントセキュリティに革命をもたらすこの取り組みに参加できることを嬉しく思っています」

CrowdStrike Falconプラットフォームは、次世代アンチウイルス(AV)、IT ハイジーン(衛生管理)、エンドポイントでの検知および対応(EDR)、脅威インテリジェンス、およびマネージドハンティングを統合する唯一の次世代エンドポイント保護ソリューションです。CrowdStrikeのオープンAPIプラットフォームモデルは、その効率性と有効性によりエンドポイントセキュリティの新たな標準を作り上げました。これにより、様々なインテグレーション、ツール、サービスを簡単に導入し、シームレスに運用できるようになります。

CrowdStrike Storeに関するお客様やパートナー向けの情報はCrowdStrikeのウェブサイトを参照ください。
お客様向け情報:https://www.crowdstrike.com/endpoint-security-products/
パートナー向け情報:https://www.crowdstrike.com/crowdstrike-elevate-partner-program/

この発表に関する追加情報は、CrowdStrikeの最高製品責任者のアモル・クルカルニ(Amol Kulkarni)のブログ(英語)を参照ください。
https://www.crowdstrike.com/blog/launching-the-crowdstrike-store-to-bring-trusted-third-party-apps-to-the-falcon-platform/
 

CrowdStrike®について
CrowdStrike は、クラウドベースの次世代エンドポイント保護業界のリーダーです。人工知能(AI)を活用することで、CrowdStrike Falcon®プラットフォームは企業全体のエンドポイントの状況を即座に可視化し、ネットワークに繋がっているものだけでなく、繋がっていないエンドポイントまでも保護します。CrowdStrike Falconは数分で展開でき、導入初日から対処方法を含むアラートや、リアルタイムでの保護を実現します。また、その中には次世代アンチウイルス、EDR、並びに24時間365日体制のマネージドハンティングサービスがシームレスに統合されています。クラウドインフラとシングルエージェントによるアーキテクチャは、複雑さを排除し、拡張性、管理性、および速度を向上させます。

CrowdStrike Falconは、シグネチャを用いない洗練されたAIやIOA (Indicator of Attack)による最先端の振る舞い検知技術を利用し、既知の脅威と未知の脅威をリアルタイムで阻止し、あらゆる種類のサイバー攻撃からお客様の環境を保護します。クラウド上に構築されたグラフデータベース、CrowdStrike Threat Graph™によって、世界各地からクラウドにアップロードされる1週間あたり1兆件以上のセキュリティイベントを即座に相関分析し、脅威を検知・防御します。

Falconがいかにエンドポイント保護の世界を再定義しているかについて説明したいことは多々ありますが、CrowdStrikeについて覚えておいていただきたいことはただ1つですー「We Stop Breaches 」

Falcon Prevent™の無料トライアルはこちら:https://www.crowdstrike.com/sites/jp/try-falcon-prevent/  

ソーシャルメディア:
Blog: https://www.crowdstrike.com/blog/ 
Twitter: https://twitter.com/crowdstrike


© 2018 CrowdStrike, Inc. All rights reserved. CrowdStrike®, CrowdStrike Falcon®, CrowdStrike Threat Graph™, CrowdStrike Falcon Prevent™, Falcon Prevent™, CrowdStrike Falcon Insight™, Falcon Insight™, CrowdStrike Falcon Discover™, Falcon Discover™, CrowdStrike Falcon Intelligence™, Falcon Intelligence™, CrowdStrike Falcon DNS™, Falcon DNS™, CrowdStrike Falcon OverWatch™, Falcon OverWatch™, CrowdStrike Falcon Spotlight™ およびFalcon Spotlight™はCrowdStrike, Inc.の商標です。その他のブランドは第三者の商標となる場合があります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CrowdStrike Japan株式会社 >
  3. CrowdStrike、エンタープライズセキュリティ改革に向けて、サードパーティ製アプリケーションに対してエンドポイント保護プラットフォームを開放