全国で300ヶ所以上の保育施設を運営するライクアカデミーが、社内公募により決定した「新しい保育シンボルマーク」を発表

子育て支援サービス事業を営むライクキッズネクスト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐々木 雄一、東証1部、証券コード:6065、以下 ライクキッズネクスト)の連結子会社であるライクアカデミー株式会社(以下 ライクアカデミー)は、今回ライクアカデミーで働く保育士のエプロンに使用する、新しい保育シンボルマークを発表いたします。

ライクキッズネクストの正社員・パート社員、ライクアカデミーで働く保育士を含めた正社員・パート社員を対象に社内でデザインを公募いたしました。
応募総数は152作品。その中から、厳選なる審査の結果、下記基準をもっとも満たしている「ハートフル保育園」の応募作品に決定いたしました。

■今回のシンボルマークのデザインに求めるイメージ基準
・ライク子ども理念である「のびやかに育て 大地の芽」がイメージできる象徴的なもの
・子どもが親しみやすいシンボルマークであること
・既存のにじいろマークのエプロンと、ペアになれるデザイン性があること

■今回の保育シンボルマークのコンセプト
「一人ひとりを見守る、ひだまりのようにあたたかい保育を。」
今回のシンボルマークは、ライク子ども理念「のびやかに育て 大地の芽」をイメージできる象徴的なデザインとなっております。

~ライク子ども理念「のびやかに育て 大地の芽」~
あたたかな環境の中で、一人ひとりの心に寄りそい、人や物・自然との豊かな出会いや体験を通して生きていく力を育てます。

■大賞をとった園のコメント
今回、このような素晴らしい賞を頂き、ありがとうございました。
夢にも思ってもいなかったので、大変嬉しく感じています。
このロゴマークは、“大人がやさしく寄り添う中で子どもが、安心して育つイメージ”で描きました。
大地にしっかり根を張り、のびやかにたくましく育ち、やがて思い思いの『花』を咲かせてほしいという願いを表現しております。皆様に親しみを持っていただけたら幸いです。

今回の取り組みは、全社アンケートをとった結果、ライクアカデミーのロゴマークエプロンを使用している職員より「ロゴマークが子ども達にもなじみ易い、やさしいかわいいイメージのものが良いと思う。」という意見を多数いただき始まりました。
今後も、現場で働く保育士をはじめとした職員の皆さんの意見を取り入れながら、より充実した運営を行って参ります。

■会社概要
商号:ライクキッズネクスト株式会社
代表取締役会長:岡本 泰彦
代表取締役社長:佐々木 雄一
所在地:〒141-0031
東京都品川区西五反田1-1-8 NMF五反田駅前ビル7階
設立:1989年12月
事業内容:事業所内保育施設(企業・病院・大学等)の運営を受託する「受託保育サービス」、
     認可保育園である『にじいろ保育園』をはじめ、小学生以下を対象とした学童クラブ・児童館など、
     様々な形態の保育施設を運営する「公的保育サービス」を提供。
資本金:285,771千円
URL:https://www.like-kn.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ライク >
  3. 全国で300ヶ所以上の保育施設を運営するライクアカデミーが、社内公募により決定した「新しい保育シンボルマーク」を発表