旭硝子は、「AGC」へ/高橋一生さんがバッジ張り替え職人役で驚きの才能を発揮!?

TVCM『旭硝子はAGC/社名変更職人篇』が、2018年12月26日(水)よりOAスタート

AGC
 AGC株式会社(本社:東京、社長:島村琢哉)は、TVCM『旭硝子は、「AGC」へ』シリーズ第6弾となる『旭硝子はAGC/社名変更職人篇』を12月26日(水)から全国※にて放映開始します。迫力ある社名変更職人を演じる、高橋一生さんの演技をお楽しみください。※一部地域を除く

■旭硝子は、「AGC」へ

 AGCは創立100周年を迎えた2007年、「AGC」をブランド名とし、グローバルに浸透させてきました。
2018年7月1日付けで社名も「AGC」に変更し、更なるブランド価値の浸透を図ります。

今年の6月にシリーズ開始、今回が第6弾のTVCM
 今回のTVCMは今年の6月より開始した『旭硝子は、「AGC」へ』シリーズの第6弾です。「旭硝子はAGCへ」というメッセージがより一層伝わるよう、第5弾のTVCMからそれまでの爽やかなテイストを一変、ユーモアあふれる内容になっております。

高橋一生さんが演じるのは、周りが呆れ顔になる?社名変更職人!
 今回の舞台は、AGCの公式キャラクター「AGCちゃん」のぬいぐるみ製造現場。高橋一生さんが「旭硝子はAGC」と叫びながら、ぬいぐるみについている“旭硝子”と書かれたバッジを勢いよく“AGC”のバッジに貼り替えていきます。その様子はまるでカンフーの技を披露しているような迫力があります。勢い余ってシールをぬいぐるみのおでこに貼ってしまう高橋一生さん。周りの人の目などつゆ知らず、張り替えきった達成感のある表情で締めくくります。普段の温厚なイメージとは異なる高橋一生さんにご注目ください。

■高橋一生さんの起用理由
 CMキャラクターは、ガラスだけでなく「様々な素材」で世界の一部を支えているAGCを象徴する存在です。
そこで、俳優として活躍されながら、アウトドアスポーツや音楽など様々な特技を持っており、多才な高橋一生さんの起用に至りました。また、100年以上の歴史を持ち、様々なお客様と一緒に優しい未来をつくりたいと願っているAGCにとって、「気品」や「信頼感」「優しさ」のある高橋一生さんがぴったりでした。

■TVCM 社名変更職人篇 概要
・タイトル : 旭硝子はAGC/社名変更職人篇
・放送開始 : 2018年12月26日(水)~
・放送エリア: 全国※ ※一部地域を除く
・広告主  : AGC株式会社
・特設サイトURL : http://www.agc.com/cm

■TVCM 旭硝子AGC/社名変更職人篇 ストーリーボード


■出演者 プロフィール

高橋 一生 (たはかし いっせい)

​1980 年東京生まれ。TV、映画、舞台と幅広く活躍。近年の主な出演作に、ドラマ「カルテット」(17/TBS)、大河ドラマ「おんな城主 直⻁」(17/NHK)、連続テレビ小説「わろてんか」 (17~18/NHK)、「僕らは奇跡でできている」(18/CX)、映画『blank13』(18/齊藤工監督)、『嘘を愛する女』(18/中江和仁監督)、『空飛ぶタイヤ』(18/本木克英監督) 、『億男』(大友啓史監督)など。NHK土曜ドラマ「みかづき」が19年1月より放送スタート。19年の公開待機作に『九月の恋と出会うまで』(山本透監督)、『引っ越し大名!』(犬童一心監督)がある。

■AGC公式キャラクター
小さい体に天才的な知識がいっぱいのAGCちゃん。日々の暮らしを支える様々な素材をこよなく愛している。頭のビックリマークは「驚き・ひらめき・発見!」のアンテナだ。AGCのFacebookやTwitterで活躍中!


AGCちゃん

誕生日      :9月8 日(AGC株式会社の創立記念日と同じ)
出身地      :ひ・み・つ
身長       :普段は約30センチ
好きな映画    :ガラスと風
強み       :不屈のチャレンジスピリット
誰にも言えない秘密:頭のビックリマークは実は○○する
最近の悩み    :よく名前を間違えられる
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. AGC >
  3. 旭硝子は、「AGC」へ/高橋一生さんがバッジ張り替え職人役で驚きの才能を発揮!?