新しい生活様式に合わせて、机の上からあなたを見守る「つくえ守り」の授与を開始

2021年元旦、ワークデスクや勉強机の上に置く新しい置き型お守り 「つくえ守り」 の授与を開始します。

2020年は新しい生活様式が提唱され、今まで当たり前だった日常や、社会との繋がり方が大きく変わった一年。
学問・芸能・仕事の神様をお祀りする小野照崎神社では新たに、日常の中で心を静め、拠り所となるお守りとして「つくえ守り」を奉製しました。



2020年は新しい生活様式が提唱され、今まで当たり前だった日常や、社会との繋がり方が大きく変わった一年。

学問・芸能・仕事の神様をお祀りする小野照崎神社では新たに、日常の中で心を静め、拠り所となるお守りとして「つくえ守り」を奉製しました。付属の台座に立てて、机に置いていただけます。


机の上で神様と共に日常を過ごす「小さな社」として見守りをいただき、
「そこで過ごす時間が、実り多きものになりますように」と奉製されました。​
おおいを開くことで心を通わせることができるお守りです。


1日の始まりや仕事、勉強の前や、気持ちを新たにしたい時におおいをめくり、
日常の中の心の拠り所として、こころを静めるひとときをお過ごしください。


表面には御祭神や境内の狛犬や神使が描かれ、神社の様子を伝えます。


「つくえ守り」
初穂料:1,000 円
授与開始: 2021年元旦より
 

 


初詣期間中は、その他に1月限定の特別御朱印を始め、日本一薄い御朱印帳「うすいんちょう」
自宅に持ち帰ることが可能な「夢絵馬」等、新年を彩る授与品が並ぶ予定です。

日本一薄い御朱印帳 「うすいんちょう」

日本画家 川瀬伊人氏奉納の 「夢絵馬」


間もなく迎えるお正月は、気持ちも新たに清々しく一年をスタートして頂くための大切な節目であり、皆さまに安心してお参り頂けるよう、神社においても真摯に感染防止対策に取り組んでおります。

生活様式が大きく変わる中、お参りになられた皆さまが明日へ向かって一歩でも二歩でも歩き出せるお手伝いが神社としてできれば嬉しく思います。

日々変化する社会情勢を踏まえながら、一月いっぱいをお正月と捉え、決してご無理の無い適切なご判断を頂き、万全の体調にてご参拝を頂ければ幸いです。

新しき年が、皆さまにとりまして笑顔溢れるより良い年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

【小野照崎神社(おのてるさきじんじゃ)】
852年創建 、東京は下町 入谷に鎮座。境内には重要文化財の富士塚も。
御祭神は小野篁公。平安初期を生きた詩文の大廈で、法律に明るく、朝は朝廷に、夜は冥界で閻魔大王の副官として仕えるなど、多くの逸話が残されている「学問・芸能・仕事の神様」です。

 


公式ホームページ:http://onoteru.or.jp/
Instagram/Twitter:@onoterupr
授与所:9時〜16時
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 小野照崎神社 >
  3. 新しい生活様式に合わせて、机の上からあなたを見守る「つくえ守り」の授与を開始