あだちの大学リレーイベント企画『世界がもし100人の村だったら』12月2日 (日) 開催

 学校法人 三幸学園が運営する東京未来大学 (本部:東京都足立区、理事長:昼間一彦、学長:角山剛、以下本学) は、あだちの大学リレーイベント企画として、足立区民向けのワークショップ『世界がもし100人の村だったら』を2018年12月2日 (日) に行います。


 あだちの大学リレーイベント企画は、区民と大学とのつながり強化を目的に、足立区内の大学が連携して行うイベントです。13回目の開催となる今回は、本学がイベント企画を実施します。

 今回の企画では、本学のこども心理学部准教授の小林祐一が講師、学生がアシスタントを務め、小学校5・6年生とその保護者を対象に、世界の仕組みや現状を体感するワークショップ『世界がもし100人の村だったら』 を行います。

 親子で考え、学ぶことができる本企画を通じ、地域の方に大学が持つ知識やノウハウを還元します。

◆開催概要
開催日時    : 12月2日 (日) 13:30~15:00
開催場所    : 東京未来大学 (東京都足立区千住曙町34-12)

◆この催しに関するお問い合わせ
東京未来大学:03‐5813‐2525

◆東京未来大学とは
学長       :角山剛
設立年度     :2007年
本部       :東京都足立区
学部 学科 (専攻):こども心理学部 こども心理学科 (こども保育・教育専攻、心理専攻) 
            モチベーション行動科学部 モチベーション行動科学科
学生数      :1387名 (2018年5月現在)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京未来大学 >
  3. あだちの大学リレーイベント企画『世界がもし100人の村だったら』12月2日 (日) 開催