「みずほWalletアプリ」が「MCPC award 2018モバイルテクノロジー賞」と「審査委員長特別賞」をダブル受賞(8年連続受賞) 

~ アプリダウンロード数50万件、決済件数100万件を突破、キャッシュレス推進に注力 ~ただいまキャンペーン実施中!

 

 

 株式会社みずほ銀行(頭取:藤原 弘治)は、2018年11月29日に開催されました「MCPC(※1) award 2018」 において、スマホ決済サービス「みずほWalletアプリ」について、「ユーザ部門モバイルテクノロジー賞」と「審査委員長特別賞」を受賞しました。


「みずほWalletアプリ」は、Android版を2018年3月、iOS版を2018年8月にサービス開始していますが、アプリのダウンロード数は50万件、決済件数は100万件を突破(2018年10月時点)しました。

 これらは、「みずほWalletアプリ」の開発にあたり、ご利用されるお客さまにとっての①「かざしてつかえる」利便性、②「コンビニ、スーパーや交通などいつもの場所でつかえる」簡便性、③「使いすぎない(チャージや口座の残高の範囲内でのご利用)」安心感の3つを重視して取り組んだことによるものです。「MCPCaward」でもこのような取り組みが評価されました。

 なお、1件あたりの平均利用金額は1,000円以下と、キャッシュレス推進のポイントの一つである「小口決済」の領域で利用が急速に進んでいます。また、首都圏のご利用だけではなく、4人に1人は、首都圏以外の日本全国で幅広くご利用いただいています。

 
                  受賞の様子(2018年11月29日)

 


 また、このたび、当行では、お客さまにキャッシュレス化の利便性、簡便性、安心感を体感いただくために、以下のとおりキャンペーンを開始しています。詳細は当行WEBサイトをご参照ください。
キャンペーンサイトURL:
【Android】https://www.mizuhobank.co.jp/retail/campaign/wallet_android_winter2018/index.html
【iOS】https://www.mizuhobank.co.jp/retail/campaign/wallet_iOS_winter2018/index.html
 

 


 当行は、新技術の活用や外部企業とのアライアンス等を通じて、お客さまにとって利便性の高い金融サービスをご利用いただけるように、引き続き、積極的に取り組んでいきます。

 

※1 MCPCについて
(1)MCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム 会長:安田靖彦)は、業界の枠を越えてモバイルコンピューティング、IoT/M2Mシステムを普及促進することを目的とし、1997年に発足した任意団体。端末インターフェースガイドラインおよび、Bluetoothなど多数の標準化作業をはじめ、「セキュリティ対策ガイド」発行、「モバイルシステム技術検定」実施などを通して、モバイル、IoT/M2M市場の拡大に貢献。(2)MCPCではこれら活動に加えて、モバイルコンピューティングの導入により高度なシステムを構築し、顕著な成果をあげている企業や団体を表彰する日本で初めての試みとして、「MCPC award」を2003年度より開催。モバイルシステム、M2M/IoT技術の導入により「業務効率化」「コスト削減」「売上拡大」「業績向上」や「モバイル、M2M/IoT技術の効果的活用」などの顕著な成果をあげている企業や学校・団体・自治体の事例を募集・顕彰し、今後導入を検討しているユーザの手本となるよう紹介。

 

以上

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社みずほ銀行 >
  3. 「みずほWalletアプリ」が「MCPC award 2018モバイルテクノロジー賞」と「審査委員長特別賞」をダブル受賞(8年連続受賞)