サイト改善プラットフォーム「SPARK」にマーケティング施策を自動で最適化するAI(機械学習)を搭載

〜 効果検証や施策の取り組みにかかる運用工数が、大幅に削減可能となります 〜

株式会社Free Spark(フリースパーク)が提供するサイト内改善ツール【SPARK】は、誰でも手軽にサイト内改善を行えるよう「Web接客」「チャットボット」「ヒートマップ分析」等の機能を取り揃えたマーケティングプラットフォームです。
この度さらなる顧客価値向上のため、AIによる自動最適化を搭載しました。
 株式会社Free Spark(本社:東京都墨田区、代表取締役:中山 健彦)が提供するサイト内改善サービス【SPARK】は「Web接客」「チャットボット」等の施策を、機械学習により自動で効果検証および最適化するAIを搭載いたしました。
 

 

 

  • マーケティング担当者の業務負荷は年々高まっている
 
 通常、効果的なサイト運営には解析等に基づいた各種施策を実行し、検証を重ねていくプロセスが必要とされます。また、近年のWeb接客・チャットボットの流行も相まって、サイトに合わせた綿密なシナリオの構築がWebマーケティングには求められていますが、その一方で、アプローチや指標の多様化により、多くのツールを運用管理するマーケティング担当者の業務負荷は年々高まっている傾向にあります。

また、様々なデータを取得できるようになった反面、データ量が膨大なため、分析にかける時間が不足している担当者も多く存在しており、十分に検証ができないことから施策を打てない等の機会損失も多く発生していました。
 
  • 機械学習による施策の自動最適化
  
 そのような状況のなか、当社はAI(機械学習)によりユーザーの行動データを学習することで、サイト内のコンバージョンを最適化する技術の開発を進めており、 この度、その第一歩としてマーケティングプラットフォーム「SPARK」にWebサイト内のマーケティング施策を自動で最適化する「Method Optimization AI」を搭載いたしました。              

                         ■イメージ図


 Method Optimization AIは、来訪したユーザーの行動データをSPARK独自のロジックによりスコアリングし、それを元にマーケティング施策をより効果の高いものへと最適化する機能です。
 現時点ではSPARKにおけるチャットボット機能の最適化に適用が行われており、同タイミングでSPARKに搭載されるチャットボットのシナリオテンプレート機能との相互連携により、チャットシナリオにおける運用管理の最適化・自動化が可能となることから、Webサイト改善において工数の大幅な削減を見込むことができます。

 
  • 同AIによるエンゲージメント最適化を進める

 さらに今後は、Method Optimization AIによるコンバージョン最適化を、SPARKの全機能に対して段階的に適用していくとともに、さらなる顧客価値向上のために、ユーザーのエンゲージメントを自動で最適化する「Engage Optimization AI」につきましても実証実験を進めてまいります。

当社は【SPARK】を通じて、多くの企業がコストをかけずに自由かつ手軽なサイト内改善を実施できるよう、サービス向上を継続してまいります。

【株式会社Free Sparkについて】
株式会社Free Spark(フリースパーク)は、複雑なWebテクノロジーをできるだけ利用しやすいサービスに進化させることをミッションに、サイト内改善サービス「SPARK」を提供するマーケティングテクノロジーカンパニーです。
URL : https://f-spark.com/
本社: 東京都墨田区
代表者: 代表取締役 中山 健彦
お問合せ:info@f-spark.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Free Spark >
  3. サイト改善プラットフォーム「SPARK」にマーケティング施策を自動で最適化するAI(機械学習)を搭載