加賀RICH NEWS 2019.3

知る人ぞ知る、上質なものが溢れる リッチな加賀の國の魅力を伝える

石川県は一般的に加賀と能登の二手に分かれており、その加賀エリアの中でも金沢より南のエリア、加賀市、小松市、能美市、川北町、白山市、野々市市、の6市町村を『加賀の國』と呼んでおります。『加賀の國』にはリッチな素材がたくさんあります。そんな『加賀の國』の自然、食、文化といった旬の魅力を毎月お届けします。
3月の文化 RICH/加賀の國のNEW施設がRICH!
野々市市の新しい官民連携のパブリックスペース
「にぎわいの里ののいち カミーノ」4月1日OPEN!


野々市市に新しい施設「にぎわいの里ののいち カミーノ」が4月1日にオープンします。この施設は、公民館と市民活動センターから成る公共棟と、本市特産品の販売や観光PR拠点となる民間棟による、官民連携のパブリックスペースです。
様々な人、モノ、情報が交流するにぎわいの場所として期待される民間棟は「1の1 NONOICHI」と名付けられ、「仕事・遊び・食・出会いみんなの学び舎」をコンセプトにカフェや市物産品の販売、観光案内所、シェアキッチン、シェアオフィスなどを兼ね備えるほか、定期的にマルシェやイベントを開催します。オープンに先立ち、3月30日(土)、31日(日)には「にぎわいの里ののいち カミーノオープニングイベントが開催されます。

【場所】 〒921-8815 石川県野々市市本町2-1-20
【営業時間】■公共棟:9:00~22:00(月曜・祝日休館)
      ■民間棟:9:00〜20:00(祝日を除く月曜休館)
【問い合わせ】076-248-0521(公共棟)
                     076-259-1167(1の1NONOICHIカフェ)
                     076-248-7332(1の1NONOICHIカフェ以外)
【HP】https://www.city.nonoichi.lg.jp/site/camino/

能美市が誇る伝統工芸品「九谷焼」発展の一翼を担う
「九谷焼担い手職人支援工房」4月OPEN!

 

九谷焼の技術を継承する人材を育成し、能美市への定着促進を図るための施設「能美市九谷焼担い手職人支援工房」がオープン。施設内には4室の工房を設け、九谷焼職人を目指す方にスキルを磨いていただき、九谷焼発展のために活躍し九谷焼の魅力を発信していただけることを期待しています。

《九谷焼担い手職人支援工房とは?》
九谷焼産業の発展・振興を図り、九谷焼産業を担う職人が作業する施設です。また、気軽に施設に入り職人の作業を間近に見ることもできます。
【アクセス】 〒923-1111
石川県能美市泉台町南33番地(九谷陶芸村内)
【開館時間】 9:00〜17:00
【休館日】 月曜(祝日の場合はその翌日)及び12/29~1/3
【問い合わせ】0761-58-2254(商工課)


3月の自然 RICH/加賀の國 ランニングがRICH!
子どもも大人も楽しめる絶景ラン
加賀海岸シーサイドトレイルラン 4月7日(日)開催!


2016年から開催されている加賀海岸シーサイドトレイルランが今年も開催されます。国定公園である加賀海岸をメイン会場に、様々なロケーションから自然、歴史、伝統のあふれる魅力を感じられる春のトレイルレースとなっています。ビギナーから上級者、子ども・家族で参加できるレースです。厳しい冬から目覚め、桜咲き、新緑の季節に向け動物たちがそわそわしだす加賀海岸の春を一緒に楽しみましょう!

〈開催期間〉2019年4月7日(日)
〈コース〉加賀海岸(越前加賀海岸国定公園)
〈メイン会場〉橋立自然公園
〈時間〉キッズ・ファミリーの部 07:30~11:00  一般の部 09:30~
〈お問い合わせ〉大会事務局 TEL:090-4418-4451


3月の文化 RICH/加賀の國 川床がRICH!
優雅なひとときを過ごせる川床 春は新緑を楽しんで
山中温泉「鶴仙渓 川床」4月1(月)からOPEN


北陸随一の渓谷美を誇る鶴仙渓に名物の「川床」が今年もOPENします。清らかな川のせせらぎを耳に、春は新緑、秋は紅葉を眺めることができ風情あるひととき過ごすことができます。川床では、山中出身の和の鉄人こと道場六三郎氏監修の特別な甘味が味わえます。また、一部の旅館や飲食店では、地元食材を使用した「川床弁当」を販売しています。新たにこの春からは川床にカップルシートも誕生します。


鶴仙渓とは
鶴仙渓は、山中の温泉街に沿って流れる大聖寺川の渓谷で、上流の「こおろぎ橋」から「黒谷橋」までの約1キロの区間をさします。S字型の斬新なデザインの「あやとりはし」、総ヒノキ造りの「こおろぎ橋」は四季を通してはもちろん、紅葉の時期の眺めは最高です。また、松尾芭蕉を祀った「芭蕉堂」や、書院造りの武家屋敷に九谷焼や尾形光琳の作品を展示した「無限庵」、「鶴仙渓川床」など周囲の見どころも多い散策スポットとなっています。

【お問い合せ】山中温泉観光協会 TEL:0761-78-0330
〈期 間〉2019年4月1日(月)~11月30日(土) ※11月のみ、不定休
〈時 間〉9時30分~16時 ※11月のみ:10時~15時
〈場 所〉あやとりはし袂不動滝そば 
〈お席料〉加賀棒茶付 大人300円/小学生200円
※ 雨天及び河川の増水時は中止となります。
※ お席のご予約はお受けしておりません。 
●川床セット
山中出身の和の鉄人・道場六三郎氏監修の特別な甘味が味わえます。
〈料 金〉「川床セット」席料と道場スイーツ 大人600円 小学生500円
●川床弁当
〈期 間〉4月1日〜11月30日
※いずれもお電話でご予約ください。


3月の自然 RICH/加賀の國 お花見がRICH!
お城のお堀を屋形船に乗ってお花見、ぼんぼり点灯の幻想的なお花見
加賀の國のRICHな絶景お花見スポット巡り


■お花見スポット➀加賀市大聖寺

加賀市・旧大聖寺川沿いは大聖寺の城下町の面影を残した景観を楽しめる地域です。堤防沿いには約100本の桜が咲き誇り、ゆったりとした川面を眺めながら散策を楽しめます。4月1日からは船頭さんによる手こぎの屋形船が始まります。城下町の古い町並みや桜の名所をめぐることができ、優雅なひとときをすごせます。
また、大聖寺付近にある熊坂川沿いでは、約200本のソメイヨシノの並木があり満開時には薄紅色の桜のトンネルが春の訪れを実感させてくれます。夜間には、ぼんぼりの灯りに浮かぶ夜桜を見ることができ、昼間とはまた違うお花見を楽しめます。

■お花見スポット②小松市芦城公園

加賀三代藩主前田利常の居城であった小松城三の丸跡に作られた芦城公園は、松や紅葉、ツツジなど四季折々の景観を楽しめます。春はソメイヨシノを中心とした4種約130本の桜が見頃。18:00~21:00の間はぼんぼり点灯が行われ、幻想的な夜桜を見て楽しむことができます。水辺を散策できるほか、遊具もありお子様連れにもオススメな桜の名所です。

■お花見スポット③白山市

白山市のお花見おすすめコースは8か所あります。その中でも農林総合研究センター林業試験場樹木公園では、およそ130品種、900本の桜が植えられており、兼六園菊桜をはじめ、石川県由来の菊咲きの桜8品種など多くの桜を見ることができます。静岡県・河津桜から始まり長野県・深山桜まで、4月はじめから5月の連休明けまで花の絶えることはないため、期間内はいつでもお花見が楽しめます。
また、パーク獅子吼(ししく)の桜も圧巻です。獅子吼高原は標高約650m。天気がいい日には、4月から営業を開始するゴンドラに乗り満開の桜を展望するのもオススメです。

■お花見スポット④能美市健康ロード

旧北陸鉄道能美線の跡地に、約10㎞に渡り植えられた桜並木は、歩いても良し、サイクリングで駆け抜けても良しな癒やしの桜スポットです。旧能美線は、大正時代、能美の豊かな作物を輸送すべく開通。地域住民にとっては、白山や金沢、小松方面へ移動する「足」となり、かつては大いに栄えました。戦後に廃線となってからは、「健康ロード」として約2000本の桜並木が続いています。

■お花見スポット⑤野々市市御経塚馬場川緑道

 

多くの方に御経塚の桜を鑑賞していただこうと、毎年満開を迎える前に、地域住民により馬場川沿道の清掃活動が行われます。ライトアップも行われるなど、穴場お花見スポットとして近年注目を浴びています。馬場川沿道の桜並木は金沢市の手前まで伸びており、金沢観光、散策のついでに訪れてみてはいかがでしょうか。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 加賀の國 >
  3. 加賀RICH NEWS 2019.3