“話を聴くプロ”が首里城の思い出と未来を語るグループチャットを実施

~LINEオープンチャット「がんばろう首里城~語る会」~

 日本で唯一の心理カウンセラーの業界団体である一般社団法人全国心理業連合会(東京都渋谷区、代表理事:浮世 満理子、以下「全心連」)は、この度の首里城焼失にあたり、LINEオープンチャットを用いて「がんばろう首里城~語る会」を開設し、2019年12月1日(日)~2020年1月1日(水)の1ヶ月間、心のケアを行うことになりましたのでお知らせします。

首里城首里城

■背景
 2019年10月31日未明に発生した首里城火災。沖縄の象徴であり、心の拠り所、アイデンティティでもあった首里城の焼失は、日本全国に大きな衝撃と深い悲しみ、喪失感を与えました。
 全心連では東日本大震災の心のケア活動を、被災直後の2011年4月以降、延べ1,000人以上の心理カウンセラーボランティアが、約250ヶ所以上の避難所においてリスニング活動を実施。自治体が主体となり、保健師・社会福祉協議会職員・精神科医と連携した戸別訪問相談やコミュニティ構築のための心のケアイベント開催などを経て、2019年11月現在も支援活動を続けております。これらの活動を通じて、地域で心の拠り所となっていた象徴が失われたような場合、心理学におけるグリーフワークの手法を活用することが効果的であることがわかりました。個別に相談するよりも、思いを共有することで、悲しみや喪失感を徐々に受け入れていくことにつながります。
 この度の首里城焼失の心のケアにおいても、それぞれの心の中にある首里城の思い出を語り、その思いを共有することで、再建への強い思いにつながると考えました。そこで、LINEの新機能「OpenChat(オープンチャット)」を用い、心理カウンセラーも交えた交流の場を設けることになりました。参加する心理カウンセラーは東日本大震災の心のケア活動や、大阪北部地震・西日本豪雨・台風19号の心のケアとして、一般財団法人全国SNSカウンセリング協議会のもとLINE株式会社、トランスコスモス株式会社の協力を得て開設したLINE相談など、災害・事件などの社会的ダメージをケアした経験のある「話を聴くプロ(プロフェッショナル心理カウンセラー)」を中心に構成されます。沖縄の方々のための、沖縄の方々が主役となっての取り組みになるよう、沖縄の皆様のご意見を聴きながら対応して参ります。

■LINEオープンチャット「がんばろう首里城~語る会」 提供概要

「がんばろう首里城~語る会」「がんばろう首里城~語る会」

 LINE「OpenChat(オープンチャット)」は、LINEのグループトーク機能を拡張した新機能であり、誰でも参加できるグループを作成し、友だち以外のユーザーとも交流できるグループチャットです。普段のLINEアカウントで使用しているユーザー名とは異なるプロフィールを設定できるため、匿名で、気軽に参加でき、プライバシーも守られます。主旨に反するような書き込みに対して、管理人が警告後、退会させることもできるので、安心して会話ができるのも特徴の1つです。
 全心連の開設したオープンチャット「がんばろう首里城~語る会」では、全心連の「話を聴くプロ」であるプロフェッショナル心理カウンセラーが、参加者へのお声がけやグループセラピー的なかかわりを行って参ります。また、沖縄在住、沖縄出身の方にサポーターとして、豊かな首里城の思い出や価値を語っていただきます。
  • 期間:2019年12月1日(日)~2020年1月1日(水)
    毎日16時から19時に「話を聴くプロ(プロフェッショナル心理カウンセラー)」が必ず、参加しています。上記以外の時間帯も見守りを行い、期間終了後もニーズがあれば定期的に開催など行っていく予定です。
  • 担当:災害支援の経験のある「話を聴くプロ(プロフェッショナル心理カウンセラー)」
  • 方法:LINEオープンチャットでのグループトーク
 なお、悲しみや喪失感が強く、個別にLINEでのカウンセリングが必要だと感じられた方には、全心連が開催している、期間限定のLINE相談(無料)をご案内させていただきます。

■「話を聴くプロ」とは?

話を聴くプロ(プロフェッショナル心理カウンセラー)話を聴くプロ(プロフェッショナル心理カウンセラー)

 「話を聴くプロ」とは、全心連が公認する心理カウンセラーの全国統一認定資格「プロフェッショナル心理カウンセラー」の有資格者のことです。現場で役立つプロの心理カウンセラーは、相談者の心の声を丁寧にお聴きし、寄り添い、受け止め、対話を通して心のサポートを行っていきます。相談者を知識で判断することではなく、相談者を受容し、まず、すべてを聴くことが大切であることから、プロフェッショナル心理カウンセラーの愛称として、「話を聴くプロ」という名前をつけました。
 プロフェッショナル心理カウンセラーは各団体で認定を出す心理カウンセラー資格とは違い、プロの心理カウンセラーとして必要な要素を検討し、社会人が心の専門家をめざすことを応援する資格として構築されました。心理学の知識や各種スキル、現場実習実績に加え、社会経験や倫理観、カウンセラー自身の自己成長といったものが総合的に判断されて取得することができます。

■団体概要
一般社団法人全国心理業連合会(全心連)

一般社団法人全国心理業連合会一般社団法人全国心理業連合会

 心理業の健全な発展と誰もが安心して心のケアサービスを受けられる文化の創造をめざして2010年12月16日に発足した心理カウンセラーの業界団体です。産業・災害対策・福祉等幅広い分野の第一線で活躍している心理カウンセラーや、心理カウンセリング、メンタルトレーニングサービスを提供する企業・団体によって運営され、統一認定資格の制度構築、不適切な基準や表現を行っていると思われる企業への是正勧告等を行っています。
 また、2011年からは、東日本大震災の震災ケアのために「TeamJapan300」というボランティアプロジェクトを立ち上げ、2019年11月現在でも、被災地において自治体への協力のもと、被災者に対する心のケアボランティア活動を継続して行っています。

<活動内容>
◇全国統一認定資格「プロフェッショナル心理カウンセラー上級・一般」、「ストレスチェックコンサルタント」の制度構築と運営
◇不適切な基準や表現を行っている企業/団体への是正勧告
◇被災地支援等ボランティアプロジェクト

団体名 : 一般社団法人全国心理業連合会
代表理事: 浮世 満理子
所在地 : 東京都渋谷区渋谷1丁目11番3号3階
URL  : https://www.mhea.or.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人全国心理業連合会 >
  3. “話を聴くプロ”が首里城の思い出と未来を語るグループチャットを実施