東京都新型コロナウイルス感染症対策サイトを開発

オープンソースとして全国に拡大中

情報技術を活用して全国の自治体やコミュニティと地域課題解決に取り組む一般社団法人「コード・フォー・ジャパン」(Code for Japan、代表:関治之)は、東京都公式の新型コロナウイルス感染症対策サイトを東京都の委託を受け開発いたしました。
3月3日の公開以降、1日100万PVを超え、多くの方に情報をお届けしています。
東京都内の最新感染動向などの情報を分かりやすく表現した本サイトのソースコードは、オープンソースとして公開されています。
東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト

分かりやすいデザイン
東京都内の最新感染動向や相談件数などをグラフなどの活用によって分かりやすく表現しています。また、ケースごとに相談窓口や関連情報を分けることで、ユーザーが迷わずに情報を見つけることができます。

オープンデータ・オープンソース
グラフなどに活用しているデータは東京都がオープンデータとして公開しているため、どなたでも利活用することが可能です。
また、東京都公式サイトとして作成したウェブサイトのソースコードは、オープンソースとして誰でも自由に使える形で公開されています(※1)。東京都以外も新型コロナウイルス対策サイトとして活用することができ、既に北海道と神奈川県、台湾など約30のバージョンが有志や自治体により次々と作成されています(※2)。

オープンに提案を受け入れ
本サイトは利用者目線で使いやすいサイトにすることを意識しており、新型コロナウイルス感染症に関する情報を正しく伝えることに協力したいと手を上げてくださった100名以上の技術者やデザイナー、研究者からの提案を受け付けています。
また、上記の派生版の立ち上げに際しても、自治体の担当者、地域のITコミュニティなどが協力しあい、数日で立ち上げまで進んでいます。

Code for Japan 代表理事 関からのメッセージ
今回、東京都が作成したウェブサイトは、自治体の担当者にとっても開発の担当者にとっても、大きな負担無しに展開できる仕組みとなっています。インフラコストも最小限に抑えられるため、今後の運用負担も大きくありません。Code for Japanとしても、今回の都の取組、具体的にはデータを正しく公開すること、それのみならず、ソースコードを公開し他の自治体と協力し合い、よりよいシステムを日本全体で使えるようにすることに大いに賛同するものであり、自治体や民間団体等の方に、本サイトのソースコードや各種データが積極的に活用されることを願っております。

問い合わせ
■自治体の方へ
興味のある自治体ご担当者の方は info@code4japan.org にお問い合わせください。なお、新型コロナウイルス対策を急いでいる自治体を優先させていただくため、返信が遅くなる場合があります。
■エンジニア・デザイナーの方へ
シビックテックに興味のあるエンジニア・デザイナーの方はCode for JapanのSlack(※3)に参加してください。
(※1)https://github.com/tokyo-metropolitan-gov/covid19/
(※2)Code for Japanが把握しているウェブサイトです。詳細につきましては管理者に直接お問い合わせください (※3)https://cfjslackin.herokuapp.com/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 コード・フォー・ジャパン >
  3. 東京都新型コロナウイルス感染症対策サイトを開発