GumGum(ガムガム)、ロサンゼルスで働きたい会社100に選出

The Best Places to Work in Los Angeles 100 (BuiltIn)

カリフォルニア発のAIテクノロジー企業、GumGum(ガムガム)の多彩な福利厚生オプションのあり方が米国で注目。


2020年1月、米国カリフォルニア発のAI企業GumGumは、ロサンゼルスで働きたい会社ベスト100 (訳: Best Places to Work in LA 2020)に選ばれました。

これを受けてGumGumのCEOフィル・シュレーダー氏は、「GumGum社員それぞれが社内で良い影響を与え合いながら、キャリア経験と日常を素晴らしいものにしてくれている」とコメント。

当社では、福利厚生の充実化を進めており、2019年よりアメリカで年々上がる教育費による学生ローン返済の問題にも対応。ミレニアル層を中心とする従業員たちに向けて、学生ローンの返済サポートサービス、Goodly provider platformを導入しました。社員が飼い犬と一緒に出社できるオープンなオフィス環境も、柔軟な職場のあり方をサポートするカルチャーとして注目を集めています。
 
【GumGum(ガムガム)について】
独自の画像認識技術を持つ米国カリフォルニア発のAIテクノロジー・カンパニー。世の中の膨大なビジュアルデータの持つ価値を顕在化し、広告・マーケティング課題の解決に活かすことをミッションに活動。主なサービスの特長は、ウェブサイト上の画像と文章をAIで理解し、コンテンツの文脈に沿った広告配信を行う「コンテキスチャルターゲティング」、徹底したブランド毀損回避・不正取引の除外、自由度の高いリッチなクリエイティブ表現。現在、北米・欧州・豪州をはじめ、世界各国で「Fortune 100」企業向けの広告を展開。日本国内でも2017年後半からサービスを開始し、現在100社以上の広告キャンペーンを実施。
https://gumgum.com/japan
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. GumGum Japan株式会社 >
  3. GumGum(ガムガム)、ロサンゼルスで働きたい会社100に選出